株式市場をカジノだと言う人がいる理由

株式市場をカジノだと言う人がいる理由

株式市場はカジノに似ていると信じている人がいます。つまり、単に投資しているのではなく、ギャンブルをしているのだと。こういった人達がそう思うのには理由があります。そのうちのいくつかは理にかなったものですが、中にはばかげたものもあります。どちらにも共通しているのは、短期間にお金を稼ぎたいと思って投資しているという点でしょう。

投資家のベンジャミン・グレアムは、資産を運用する際には綿密な計画を立てる必要があり、そうすればそれに見合ったリターンを得られるはずだと述べています。また彼は、綿密な計画なしに投資を行うことは、むしろ投機的であるとも述べています。

利益に見合わないリスクを取るのは、次に何が起こるかの予測ができないため、多かれ少なかれギャンブルと同じだと考える人もいます。同様に、ギャンブルではリスクが大きければ大きいほど、勝つ確率が高くなりますが、株式投資でも同じ原則を適用しようとしてしまうのです。株式市場への投資は、市場に関する知識に基づいて行う必要があります。そのため、ためらわずにプロにアドバイスを求めてください。そして大きなリスクをとるのは、リターンを得られることが確信できる場合のみにすることが賢明です。

株式市場とカジノは共にランダム性とカオス理論(予想不可能とも思える複雑な動き)にしたがっているとはいえ、2つを区別することは非常に困難です。市場が変動する様子を見て、それらを同一視する人もいます。しかし理解しておくべきなのは、カジノにおける変動は人の運の要素に左右されるのに対して、株式市場の変動は企業の生産性に直接比例するということです。

また、カジノでは滞在時間が長くなればなるほど、資金を失う確率が高くなるというのもよく知られた事実です。株式の売買は、市場を理解し、その動向を観察することに時間をかけるほど、利益を得る確率が高くなるものです。

しかし、人々はたいていそのような原則には従わず、間違った選択をして株式市場でギャンブルを始めてしまいます。その一つは、短期的な取引を行うために緊急のために用意してある資金を使用してしまうことです。そして望まない結果となった場合、全てを失ってしまうのです。このような状況では、株式市場がカジノと化し、お金を稼ぐために全財産でギャンブルする場となってしまいます。

もう一つのよくある例は、分刻みの市場の動きを元に短期的な利益を上げようとするというものです。彼らは市場の動きのタイミングを完璧に測ろうとします。しかし、必要な訓練をせずにして、初心者がこれを行うのは簡単ではありません。したがって、このような例もギャンブルに似た部分だと言えます。

カジノとは、お金を失うようにデザインされているものであることを理解しておく必要がありますが、株式市場への投資であれば、十分な下調べをして株売買の戦略に詳しくなることで、多額の利益を得ることができます。株式市場について知っておくべきことは、リスク要因が大きな役割を果たすということでしょう。正しい知識を持たずして、ギャンブルするように資金を投資しても利益にはつながらないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back To Top