スポンサーリンク

バンガード米国増配株式【VIG】から配当金

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 75

バンガード米国増配株式(VIG)から配当金を頂きました。

1株分 0.41ドル(税引き後)です。
直近のレートで42円。たかが42円、されど42円。私にとっては大金です。
これで2016年2月から合計で48.32ドルの配当金を得ました。
なぜ1株しか持っていないかと言いますと、SBI証券の海外ETFは買付手数料が無料のため、半端な残金があればその都度購入することにしているためです。
なお、今までの配当金は配当履歴のページに掲載しています。

バンガード米国増配株式【VIG】のおさらい

ここでVIGのおさらいをしておきましょう。

  • 10年以上連続増配している米国企業186社で構成
  • 増配の可能性が低い銘柄は除外
  • 経費率0.09%
  • 年4回(3・6・9・12月)配当支払い
  • 直近の配当率2.17%
  • ETF純資産総額205.86億米ドル
  • 設定日:2006年4月21日

保有上位10銘柄とその構成比率は次のとおりです。

  1. マイクロソフト 4.1%
  2. コカ・コーラ 4.1%
  3. ジョンソン・アンド・ジョンソン 3.9%
  4. ペプシコ 3.8%
  5. CVSヘルス 2.9%
  6. マクドナルド 2.7%
  7. メドトロニック 2.7%
  8. スリーエム 2.6%
  9. ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス 2.4%
  10. ユナイテッドテクノロジーズ 2.2%

純資産総額も大きく、経費率も低く、名だたる企業ばかりで、VIG一本でもいいのではないかと思えるETFです。
パフォーマンスは次のとおり。
SPY(S&P500に連動したETF)との比較では若干成績を上回っております。

まとめ

個別の米国株でポートフォリオを形成する方針に変更はありませんが、このように安定的なETFは1、2本保有していくつもりです。
将来的には個別株とETFでどちらのパフォーマンスがよいのか、比較してみたいと思っています。・・・ETFの方がパフォーマンスが良かったりして。

スポンサーリンク

フォローする