コツコツ積立投資した資産を老後に取り崩すって、スッゴく難しいんじゃない?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 33
スポンサーリンク

今日は、ほんのちょっとだけ真面目で結構に役立つ記事です(←自分で言うな)。

よく投資の本に「現役時代にコツコツ積立投資して、老後はその積立資産と年金で豊かな生活を送りましょう」的な表現が出てきますよね?

教科書的にはそれで正解なんでしょうけど、実際には「そうは問屋が卸さない」という記事がWSJに載っています。

積立投資している人は既に倹約家である

積立投資に関わらず、米国株投資を含めて投資全般に言えることですが、「リスクを抑えるためにも債券を含めて分散投資をするべし!」って言われてます。

確かに、元本割れは避けたいところですし、私自身もiDeCoやジュニアNISAではそれなりに分散投資しています。

でも、iDeCoやらNISA、ドルコスト平均法による積立投資をやっている時点で、無茶苦茶アドバンテージがある状態なんですよね。

周りの人でiDeCoやNISAをやっている人っていますか?しかも、株式や債券、REITで?

まずいないですよね?

現役世代なんか、中央値で見ると、びっくりするぐらい貯蓄がありませんからね。それぐらい、殆どの人は金融リテラシーが無いのです。

そんな意識高い系の人たちなんだから、当然というか必然的に倹約家になっているんです。

別に倹約家だからケチというわけではなく、無リスク資産についてもそれなりの準備はしているということです。

だから元本割れ云々なんて、実はそれほど重要ではなく、意識高い系の人たちは、退職年齢が迫ったころには、相当な資産を持っている可能性が高いんです

投資元本が3,000万円で、それが2,800万円になったら、心理的には悔しいですが、2,800万円という大金を持っていることに変わりはありません(長期分散投資なら元本割れの可能性はかなり低い)。

いざリタイア生活になると・・・

で、現役時代にコツコツ積立投資をして、無リスク資産もそれなりに持っていて、自然と倹約家になっている人たちが、60~65歳を超えてリタイア生活に突入します。

はい!!コツコツ積立投資した資産を取り崩しましょう!!って・・・

いやいやいやいや、デキねーよ!!!

だいたい自分がこれから何歳まで生きるのかも分からないし、10年後に突然インフレになるかもしれませんよね?

今までコツコツ生活してきて、これから元本を取り崩すなんて・・・

しかも、取り崩す年数とその額を決めないといけないんですよ?

これはね、相当な心理的負担ですよ。

出口戦略(私の場合)

自分もまだ30代ですし、弊ブログを訪問している人も、多くは30,40代です。

なので、今のところは「米国株一本ではリスクが云々」とか「債券比率が云々」など、入口戦略ばかりが話題になりますけど、出口戦略の方がよっぽど重要だと思うんです。

私の場合、定年後に住宅ローン残債があるのなら、それの支払いにiDeCoを充てます。そして、会社の退職金でETFを購入し、それと併せて今まで購入してきた個別米国株の配当金を生活費の足しにする、という超ざっくりとした計画を立てています。

恐らく、チキンハートの持ち主なので、米国株元本に手を付けることは怖くて出来ないと思うんです。

若い内に色々なことを体験するのも重要

それと若いうちにしか出来ないことや、楽しめないことっていっぱいあります。

退職金で世界一周クルーズしたって、体力も衰えているし、ぶっちゃけつまんないじゃないかと・・・

だから、時にはワクワクするような体験に、思い切ってお金を使うことも大事だと思うんです。

まとめ

冥土にお金は持っては行けませんからね。

閻魔様に賄賂は通じませんよ。

地味にコツコツと
応援よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする