スポンサーリンク

投資の順番はiDeCoが最初、次に米国株投資。これは真理だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 75

企業年金が手厚いなど、恵まれた立場のサラリーマンは別として、「普通」のサラリーマンや自営業者はまず第一にiDeCoを始めましょう。米国株投資はその次です(今日はちょっとネタ回)。

iDeCoはお得な制度だから早急に加入すべし

ん?iDeCoは制度が複雑で良く分からない?

・・・

お前は何を言っているのだ?

普段、新聞やらテレビを情弱乙なんて煽っているくせに、自分にはトコトン甘いのではないか?

世の中にはインターネットという便利なツールがあるんだから、ググれ。

ググれカス。

ん?ググっても何のサイトが良いのか分からないんですぅ、だと?

オススメの本

だったら、取り敢えずこれを読みなさい。

情強な貴殿なんだから、こんなの2,3日もあれば充分に読める。

これを読んで分からないなら、2回3回と繰り返し読みなさい。

間違っても、他の本を読んで誤魔化そうとするな。

クソダサい人間ってのは、分からないとすぐに他の本に手を出す傾向がある。

それは一番やってはいけない勉強法だ。

とにかく節税の威力が半端ない

紹介した本を読むと理解出来るが、この制度、とにかく節税の威力が半端ない。

普段、社会保険料やら税金やらでギャアギャア言っているだろ?

だったら、それを節税(正確には税の繰り延べ)という形で取り返すんだ。

これを最大限活かせば、米国株投資のリターンなんて霞んでしまうぐらいの威力がある。

それを理解したければ私の過去記事を読むべし。

皆さん、iDeCoしてますか? え!?まだしていないの? それはまずい・・・ 今日は、私のiDeCoの圧倒的なパフォーマンスを披露し、...

それと、保育料だって安くなる可能性すらあるんだ。

iDeCoに加入すると保育料が安くなる可能性があるんです。皆さんも一度試算してみてはどうでしょうか?

オススメの運用会社

ん?運用会社が選べないんですぅ、だと?

取り敢えず、SBI証券楽天証券を選んでおけ。

この2社なら口座管理手数料も掛からないし、間違いない。

オススメの金融商品

ん?金融商品が選べないんですぅ、だと?

運用期間にもよるが、信託報酬率が0.5%以下の低コストのインデックスファンドを買っておけ。

比率は株式:債券=7:3とか、不安なら5:5でもいい。

その辺りは大雑把でもよろしい。

ただし、間違ってもトレンドに合わせて頻繁に売買はするな。

情強な自分だから、先を読んでリターンをアップさせようとすると、間違いなくカモられる。

マクロ経済のマの字も理解出来ないのに、マクロ経済動態から先を読むなんて無理だ。

ここは大人しく、株式と債券の比率を決めたら後はリバランスに徹するべしだ。

その次に米国株投資

ここまで漕ぎ着けたら、やっとこさ米国株投資だ。

確かに投資をしたい気持ちは分かる。配当金を得たい気持ちも分かる。

しかし、貴殿は長期的に資産を増やしたいんだろう?

だから、2重に税金のかかる米国株投資よりも、最初にiDeCoなんだ。

まとめ

よく聞くだろう?

資産形成の敵は、一に税金、二にインフレ、三四がなくて五に手数料だ。

インフレはiDeCoも米国株も同じように影響を受ける。手数料も賢く立ち回ればそんなに大差はない。

だったら、まずは一の税金について、iDeCoを利用して徹底的に削る努力をするんだ。

あ、iDeCo本来の目的は下記の記事で詳しく解説していますので、興味があればご一読願います。

iDeCoのメリットと言えば、税制優遇ばかり注目されますが、これはあくまでもインセンティブに過ぎないのです。

Go for broke!

スポンサーリンク

フォローする