スポンサーリンク

「勉強」と「資産を形成」する目的は同じだよね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 70

子供の頃、親に「勉強しなさい」と言われていた人は多いはず。かく言う私も、小言のように言われておりました。

その当時は、勉強しなければならない理由がはっきりせず、困惑気味に、そして無理に勉強していた記憶があります。

子供の頃は、あれほど勉強が嫌だったのに、大人になって勉強したい気持ちが湧いてきます。実際のところは、自分の子どもの世話で忙しくて出来ないわけですが・・・

で、考えたわけですよ。勉強する目的を。

その答えは「人生の選択肢が増える」という一点に尽きるのではないでしょうか。
別に勉強しなくとも、そこそこの人生は送れますが、住む場所や交友関係、仕事などの選択肢がかなり狭まりますよね。選択肢が少ないことに気づかない人は幸せかもしれませんが、私のように大人になってから「取れる選択肢が少ない」ことにヤキモキすることが増えるのです。
「資産を形成」する目的も、やはり「人生の選択肢が増える」からですよね。
資産があれば、住む場所も変えられるし、交友関係も広がります。自分とは違う考えや価値観を持った人とも触れ合うことができます。

そんな取り留めのないことを考えたわけですが、このことを自分の子どもに話しても理解するんでしょうか?

理解できているのなら、親に言われなくたって、勉強してますよね。

スポンサーリンク

フォローする