スポンサーリンク

まさか私の父が外貨建て保険に入っているとは・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 70

この前実家に帰った折、私の父が「豪ドル建て保険」に入ってることを知りました。
ちなみに父は御年70でございます・・・

この話しを聞いて、頭痛が痛くなりました。頭痛がするのではなく、頭痛が痛いのです。
聞くところによれば、某金融機関で商品を勧められたとのことで、昨年その保険に加入したようです。
70歳ですから、私を含めた子供は皆独立しており、住宅ローンもありません。この期に及んで生命保険に入る必要すらありません。
・・・いるんですねカモって。

外貨建て保険の手数料は7%前後

外貨建て保険は建前が保険ですので、手数料を開示する必要はありません。
一方で投資信託は購入手数料や信託報酬料など、全ての手数料を開示する義務があります。
一般的に外貨建て保険は手数料が7%前後もすると言われており、これが投資信託であれば限りなくクロに近い金融商品です。
これに業を煮やしたのか、金融庁も銀行での保険窓販の手数料率開示を要請をしております。

恐らく金融機関も今後は、大々的には外貨建て保険を勧めることはないと思いますが、これに近い金融商品を出して販促しまくるのでしょう。

父へのアドバイス

豪ドル建て保険加入の話しを聞いて、父へ何か有用なアドバイスでもできればいいのですが、元来人の話しを聞かず、自説を曲げない性格。
ということで説得は諦め、放置することにしました。
さり気なく母には忠告しておきましたが、聞く耳を持たないでしょう。

スポンサーリンク

フォローする