スポンサーリンク

ちょうど2年前の金融資産残高が14万円弱!!サラリーマンは支出の管理が一番大事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 70

今日はチラ裏な話し。

何気なく私の金融資産推移のページを見ていたら、ちょうど2年前の2015年5月末の金融資産残高が136,929円だったんですね(汗

これね、簿外にお金があったわけじゃなく、ガチでそれしかありませんでした。

あの当時は、2014年に土地を現金で一括購入したり、外構に150万円突っ込んだりして、本当にカツカツでした。

良い子の皆さんは、預貯金を不動産に全フリするなんていうバカなことは止めましょうね。

へぼサラリーマンでも種銭は作れる

あれから2年。その間には、2016年4月に第二子が誕生し、一家の大黒柱である妻が2016年3月から2017年3月まで産休育休となり、事実上の一馬力状態でした。

それでも、この2年で3,571,986円まで資産を回復することが出来ました。

つまり一年で約172万円分をコツコツ積み立てていたことになります(妻の積立額は別)。

あたくしの年収なんざ、500万円ぐらいですからね。児童手当や住宅ローン減税分を入れて手取りでザッと450万円ぐらいですよ。

それでも手取りに対する貯蓄率は40%近くになる計算です(産休育休以外では完全な2馬力ですが)。

要は、やる気になれば、へぼサラリーマンだってそれなりに貯蓄は出来るし、資産運用する種銭だって作れるんです。

サラリーマンは支出の管理が大事

2年でなんとか資産を戻して感じたのは、支出の管理が大事ってことです。

収入増は難しい

いつも上司がクソダサいと愚痴ばかり言っているけど、自分だって充分にクソダサいんです。

だって、そうでしょ?そんなに自分が有能でスキルがあるのなら、転職したら給料上がりますよね?でも、実際には上がらないですよね?私なんて転職出来ないぐらいスキルがありません。

多くのサラリーマンは思っているほどには自分に能力がありません。

収入増は現実的には厳しいのです。

支出の管理が大事

そうなると、やはり目を付けるべきは支出ですね。

削るところが無いなんて言わせません。

携帯電話は格安スマホにしましたか?私はauからmineoに移って3,000円/月節約しています。不要な生命保険にも入っていません。

私はドトールやスタバで意識高い風にパソコンなんていじりません。家でコーヒーを飲みながらパソコンをいじります。外勤先でも自販機は使いません。

とにかく固定経費は徹底的に削りましょう。

そうすれば、多少贅沢したって問題無いんです。

まとめ

偉そうに講釈垂れましたけど、資産運用でお金を増やそう!と思っても、正攻法で年率5%ぐらいが現実的なラインです。

サラリーマンは利回りを良くすることを考えるよりも、支出を減らして元本を増やす方が大事です。

元本が大きければ、多少利回りが低くても大丈夫。

ここ2年でホントそう思いました。

スポンサーリンク

フォローする