スポンサーリンク

【米国株投資成績】2017年06月末 マイポートフォリオ VS S&P500(+10.83%)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

四半期毎に定点観測している、マイポートフォリオ VS S&P500。

というわけで、2017Q2も過ぎたので、ちょっくら見てましょう。

なお、前回の米国株投資成績は、2017年03月末でチェックしています。

S&P500リターン

前回同様、投資成績を振り返る前に、米国株市場の確認をしておきましょう。

下の図は、2015年12月末から2017年6月末までの、IVV(S&P500と連動したETF)のトータルリターンです。
分配金(非課税)は全て再投資したものとして計算しています。

トータルリターンは+22.33%。年率換算では+14.38%となっています。

ひたすら上げ相場ですね。

私もそうですが、ここ数年で米国株市場に参入したイナゴ投資家の皆さんも、概ねリターンを享受しているのではないでしょうか?

しかし、宴はいつか終わるもの。激しい二日酔いにならないよう、飲酒(リスク)には十分注意したいですね。

マイポートフォリオ VS S&P500

それでは本題の2017年06月末時点、マイポートフォリオ VS S&P500です。

上図のとおり、2017年6月末時点のトータルリターンは

  • マイポートフォリオ +10.83%
  • IVV +22.33%
  • 差引 ▲11.50%

と、大幅にアンダーパフォームしています。

この主な理由は、

  • ベンチマークであるIVVの分配金が非課税であるのに対し、マイポートフォリオの配当金は課税されている
  • マイポートフォリオに占めるXOMの比率が高い
  • 最近のS&P500上昇の牽引役が非保有の金融株(詳細はバフェット太郎氏の記事を参照して下さい)

と言ったところです。

セクター毎に分散投資すべし、というのは正解なんですね。偉い人の言うことは黙って聞いておいた方が良いのでしょう。

まとめ

個人の成績をベンチマークと比較するのは、中々難しいですよね。特に配当金の税金分とか期中での追加投資分とかね。

USA版のモーニングスターには、Portfolio Managerというツールがあるのですが、未だに使い方が分かっていません(汗)。特に配当金の税金を手動で計算する辺りとか。

個人の成績をベンチマークと完全に比較できるサービスがあるのなら、有料でも使ってやろうと思うんですが。

今日はそんなところです。

Go for broke!

スポンサーリンク

フォローする