スポンサーリンク

【MA】マスターカード2016Q4決算発表 EPSは良いものの売上高がダメ 株価は▲2.7%

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 75

【MA】マスターカードが2016年第4四半期の決算を発表。併せて2016年通期の決算も発表しています。

2016第4四半期結果

2016Q4は、EPSはクリアしたものの売上高が予測に届きませんでした。

  • 売上高27.6億$(市場予測27.9億$) 前年同期比+9.5%
  • EPS0.86$(市場予測0.85$) 前年同期比+8.9%
  • 営業利益13.6億$ 前年同期比+23.0%
  • 営業マージン49.3% 前年同期44.0%

2016年通期

  • 売上高107.8億$ 前年比+11.5%
  • EPS3.70$ 前年比+10.1%
  • 営業利益57.6億$ 前年比+13.5%
  • 営業マージン53.4% 前年52.5%

チャート

下図は直近1年のチャートです。

今回の発表を受けて、昨日株価が2.72%下落しました。

まとめ

売上高が予測に届かなかったものの、その他の指標に問題はありません。それにしても、売上高が少し届かないだけで、株価が下落するんですね(汗)。

ここで思い出すのは、ジェレミー・シーゲル先生の言葉です。

株式の長期的なリターンは増益率そのものではなく、実際の利益率と投資家の期待との格差で決まる。

・・・私はマスターカードに期待し過ぎなのでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする