スポンサーリンク

自分はバリュー投資やグロース投資とかいうレベル以前のアンポンタン投資家です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 75

皆さんは、グロース投資をしていますか?それともバリュー投資をしていますか?

私の理解では、ジョンソン・アンド・ジョンソンやマクドナルドなど、配当を多く支払い、それほど成長が見込めない銘柄に投資するスタイルがバリュー投資

その逆にアマゾンなど、無配当や配当を出しても利回りが低くく、これからの成長に期待できる銘柄に投資するスタイルがグロース投資と考えていました。

で、自分はバリュー投資を実践していると思っていたのです。

ところが、改めてバリュー投資とグロース投資の定義や違いを調べると、自分の投資レベルがその域に到底達していないことが分かりました。

バリュー投資とグロース投資の定義

そもそも、バリュー投資とグロース投資の定義やその違いとは何なのでしょうか?

その問いに対する答えは、広瀬隆雄氏のMarketHackのブログに掲載されております。

グロース投資とは、その企業が市場平均に比べてより高い収益成長の見込める場合、株価収益率、つまりPERや株価純資産倍率、つまりPBRなどの水準を気にせずに投資する方法のことを指します。

バリュー投資とは株価がその企業の内在価値に比べて割安に取引されているときを見計らって投資するスタイルのことを指します。

私の投資基準は?

私は、60歳まではいわゆるバイ・アンド・ホールドを実践していくつもりです。したがって、業績が安定していて、配当を継続的に出している企業を中心にポートフォリオを構築している最中です。

また、その選定基準において、PERや株価純資産倍率などは、ほとんど気にも留めていません。そして、まともに決算書類やアニュアルレポートも読まずに、株価がその企業の内在価値に比べて割安かどうかも全然考えていません。

ということで、私はバリュー投資やグロース投資と言った高尚なスタイルではなく、何にも考えていないアンポンタン投資をしているのです。

まとめ

しかし、アンポンタン投資家でもいいと思うのです。

なぜなら、高尚な投資家がアンポンタン投資家に負けるのが投資の世界なのですから・・・

スポンサーリンク

フォローする