スポンサーリンク

投資の世界ではジャイアントキリングを起こせます【投資は理不尽で不条理】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

バフェットが繰り返し述べているように、S&P500に連動したETFを保有していれば、私のような素人投資家でも、そこら辺にいるアクティブファンドマネージャーをアウトパフォームできます。

アウトパフォーム出来る可能性も、投資期間が長期であればあるほど、高くなります。

具体的には、20年間S&P500に連動したETFを保有していれば、アクティブファンドの8割を打ち負かすことができます。

これって凄くないですか?

アクティブファンドマネージャー

よく考えてみて下さい。

彼の国のアクティブファンドマネージャーって、財務会計の知識は完璧だし、CEOとも会食できるぐらい人脈があって、四六時中投資のことを考えていて、英語も読み書き出来るんですよ?(聞いた話だと彼の国では犬まで英語が分かるらしい・・・)

しかも、スーツも完璧に着こなせるし、イケメンです。多分・・・

アクティブファンドマネージャーって、こんな人達なんです。

これで、CEO相手に「indeed」とか「interesting」って言っちゃうんですよ?

いや、もう絶対に勝てないですよね?立ち姿からして敵いません。

素人投資家

翻って、日本の素人投資家を考えてみて下さい。

私なんて、作業服着てオンボロ自動車に乗って、通勤してます。

人脈と言えば、せいぜい取引先の派手なバックル付けた部長さんです。

もちろん英語も喋れないし、財務会計の知識も簿記3級程度。

これで日本の素人投資家が彼の国のアクティブファンドマネージャーを打ち負かすなんて、ヤムチャがフリーザに勝つぐらい無理な話しです。

ジャイアントキリング

ところが、それが出来てしまうのが投資の世界。

例えて言うのなら、ラグビーで日本代表が南アフリカ代表に勝った、ジャイアントキリングを再現するようなものです。

しかも、長期保有であれば、ほぼ確実に出来てしまいます。

まとめ

個別株投資をしている私は、多分ジャイアントキリングを起こせません。

しかし、インデックス投資であれば、それを起こすことが出来るのです。

こんな理不尽で不条理な世界、私は投資を置いて他に知りません。

スポンサーリンク

フォローする