スポンサーリンク

「浮気症」は長期投資家には向いていない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 75

8月に入り仕事が暇なので、投資に関して雑感を・・・

経験の少ない投資家はすぐに方針転換する

モーニングスター社に面白い記事が載っていました。

また、「投資信託を選ぶ際に重視する点」を聞くと、ジュニア投資家は「リスクを抑えた安定運用」(48%)のニーズが高いにもかかわらず、「現在保有している投資信託の投資先」は「日本株式」(45%)がトップで、分散投資により安定運用をめざす「バランス型」の保有は25%にとどまった。前述のとおり、ジュニア投資家は中・長期的な資産形成を目指すものの投資信託の保有は比較的短期を想定していることに加えて、ここでも、求める資産運用と実際の保有にはギャップが見られる。
今回の調査によって、ジュニア投資家は「リスクを抑えた安定運用」を意識しているものの、それを実現するための「長期投資」や「分散投資」に対する意識が十分とはいえず、投資に対する意識と実際の投資行動にギャップが生じていることがわかった。また、ベテラン投資家も含めて、資産配分変更のタイミングや方法論について確信が持てず、資産運用の不安要因になっているようだ。

2016.07.28モーニングスター社より一部抜粋

投資と色恋沙汰

記事から感じることは、投資は色恋沙汰に似ているな、ということ。最初は「この人綺麗だなとか、素敵な人だな」とか思って付き合ったり結婚するわけです。でも月日が経てばその熱意もどこへやら。相手の嫌な部分が見えたり、他に素敵な人が見つかったりするわけです。
で、方針転換。
違う人と付き合ってみるものの、やっぱり長続きしないわけです。
投資に例えれば、ITバブル全盛時代にIT銘柄へ投資したり、バリュー株の時代だと言われれば、バリュー株に手を出したり。
要するに「浮気症」なんだと思います。

基本方針を決定し、維持すべし

偉そうに書いてますが、私も「浮気症」な人間だと自覚しています。綺麗な女性に滅法弱いです。ハニートラップにもすぐ引っかかると思います。こんな私ですので、投資「だけ」は浮気をしないよう努力しています。
投資に関して方針転換をしないためにはどうすればいいのか?それは基本方針を決定し、それを維持することだと思います。私が基本方針と資産を公開しているのも、方針転換を強く戒めるためです。
ん?高配当銘柄へ投資すると基本方針に書いているのに、なんでマスターカードを持っているのかって?
・・・ごめん、もう浮気してた

スポンサーリンク

フォローする