スポンサーリンク

2019年04月分 資産公開【前月比プラス49万円(+5.9%)】10連休の影響で見た目の資産額は増加しています

資産公開
スポンサーリンク

2019年04月分の資産状況をチェックします。

過去からの推移は、金融資産推移のページをご覧下さい。

合わせて米国株保有銘柄の米国株資産推移表も更新してます。

アセットアロケーション

  評価額(円) 先月(円) 先月比
個別株・ETF 4,756,445 5,570,074 ▲14.6%
預金・現金 1,392,608 210,233 +662.4%
確定拠出年金(iDeCo) 1,170,634 1,099,676 +6.5%
第1子ジュニアNISA 830,062 800,929 +3.6%
第2子ジュニアNISA 556,342 536,920 +3.6%
合 計  8,706,091 8,217,832 +5.9%

資産総額8,706,091円。先月比プラス488,259円と資産が増加しました。

見た目にはかなり資産が増加していますが、10連休の影響で住宅ローンやクレジットカードの口座引き落とし、保育料の未払が発生しているためですね。また、今後100万円以上の高額引き落としもありますので、来月以降資産はかなり減少するはずです。

現金・預金

現金・預金1,392,608円。先月比プラス1,182,375円です。

4月初旬にレバレッジドポートフォリオを解消したため、一時的に増えているだけです。

個別株・ETF

  • 投資元本   3,240,481円
  • 評価額      4,756,445円
  • 評価損益   46.8%

レバレッジドポートフォリオを解消した分、評価額は減少しています。

が、相場も好調だっため、評価損益はあっという間に50%近くになっています。

確定拠出年金(iDeCo)

  評価額(円) 元本(円) リターン
DCニッセイ外国株式インデックス 832,085 692,300 +20.2%
EXE-i新興国株式ファンド 338,549 296,700 +14.1%
合 計  1,170,634 989,000 +18.4%

確定拠出年金は、2015年10月分から積み立てを開始しています。

配分比率はDCニッセイ外国株式インデックスが7割、EXE-i新興国株式ファンドが3割です。

先月比プラス25,717円です。

こちらは淡々と積み立て投資ですね。

第1子・第2子ジュニアNISA

児童手当を学資資金としてジュニアNISAで運用しています。

今月は児童手当の入金はありませんでした。

第1子の状況は次のとおりです(★マークが現在積立中のファンド)。

 第1子ジュニアNISA 評価額(円) 元本(円) リターン
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)★ 207,758 200,000 +3.9%
ニッセイ日経225インデックスファンド 60,812 43,300 +40.4%
ニッセイ外国株式インデックスファンド 561,492 389,700 +44.1%
合 計 830,062  633,000 +31.1%

前月比プラス29,133円。

続いて第2子です(★マークが現在積立中のファンド)。

 第2子ジュニアNISA 評価額(円) 元本(円) リターン
楽天・全世界株式インデックス・ファンド★ 313,680 300,000 +4.5%
iFree NYダウ・インデックス 202,773 156,000 +30.0%
ニッセイ国内債券インデックスファンド 39,889 39,000 +2.3%
合 計  556,342  495,000 +12.4%

前月比プラス19,422円です。

まとめ

冒頭のとおり、支払い期日がずれているので見た目の資産が増加しています。

それを差し引いても、かなり相場好調ですね。

Go for broke!

コメント

タイトルとURLをコピーしました