スポンサーリンク

2017年09月分 資産公開【前月比プラス22万4千円(+5.2%)】-徐々に為替に翻弄されるようになってきた-

2017年09月分の資産状況を公開します。過去からの推移は、金融資産推移のページをご覧下さい。

合わせて米国株保有銘柄の米国株資産推移表も更新してます。

アセットアロケーション

資産総額4,553,695。先月比プラス224,143円(+5.2%)

先月に比べてかなり資産が増えました。これは、

  • 家計簿診断のとおり先月はお金を使わなかった
  • 円安(8月末110.60円→9月末112.71円)が進行
  • 米国株のパフォーマンスが向上

の3点が要因です。特に、円安と米国株のパフォーマンス向上の相乗効果が大きいですね。

現金・預金

現金・預金941,954円。先月比プラス25,884円です。

順調です。

株式・現物(米国株)

今月は米国株を購入していません。

  • 投資元本   1,922,000円
  • 評価額      2,195,590円
  • 評価損益   14.2%

先月比プラス113,456円です。評価損益も大幅に向上しました。

先に述べたように、円安が効いてます。また、マスターカード【MA】が中期目標を引き上げたことにより株高が続いており、マコーミック【MKC】も2017Q3の決算結果が良かったことから、株価が反転上昇しています。

年金(確定拠出年金・iDeCo)

確定拠出年金は、2015年10月分から積み立てを開始しています。

配分比率はDCニッセイ外国株式インデックスが7割、EXE-i新興国株式ファンドが3割です。

DCニッセイ外国株式インデックス

  • 拠出額      386,400円
  • 評価額      454,004円
  • 評価損益   17.5%

EXE-i新興国株式ファンド

  • 拠出額      165,600円
  • 評価額      199,277円
  • 評価損益   20.3

合計

  • 拠出額      552,000円
  • 評価額      653,281円
  • 評価損益   18.3

先月比プラス48,336円です。こちらも円安効果が効いています。

投資信託(ジュニアNISA)

児童手当を学資資金としてジュニアNISAで運用しています。今月は児童手当が無かったので、購入はしていません。

第1子と第2子の配分比率はそれぞれ次のとおりです。

  • 第1子:ニッセイ外国株式インデックスファンド9割、ニッセイ日経225インデックスファンド1割
  • 第2子:iFree NYダウ・インデックス8割、ニッセイ国内債券インデックスファンド2割

第1子の状況は次のとおりです。

  • 投入額      433,000円
  • 評価額      555,382円
  • 評価損益   28.3

第2子の状況は次のとおりです。

  • 投入額      195,000円
  • 評価額      207,488円
  • 評価損益   6.4%

合計

  • 投入額      628,000円
  • 評価額      762,870円
  • 評価損益   21.5%

先月比プラス36,467円です。

特に購入もしていないのに、勝手にパフォーマンスが向上しています。円安凄い。

まとめ

米国株は勿論のこと、iDeCoもジュニアNISAも海外株式に大きく投資しているため、為替が資産額に与える影響が徐々に大きくなっています。

日本円での資産額に一喜一憂せずに、淡々と投資を続けていきます。

Go for broke!

スポンサーリンク

フォローする