スポンサーリンク

2018年04月分 資産公開【前月比プラス9万5千円(+1.6%)】ー海外への投資は為替の影響が大きいー

資産公開
スポンサーリンク

 

2018年04月分の資産状況を公開します。過去からの推移は、金融資産推移のページをご覧下さい。

合わせて米国株保有銘柄の米国株資産推移表も更新してます。

アセットアロケーション

  評価額(円) 先月(円) 先月比
米国株 3,288,853 3,213,802 2.3%
預金・現金 828,100 896,466 ▲7.6%
確定拠出年金(iDeCo) 828,611 778,862 6.4%
第1子ジュニアNISA 653,403   625,481 4.5%
第2子ジュニアNISA 337,023 326,086 3.4%
合 計  5,935,990 5,840,697 1.6%

資産総額5,935,990円。先月比プラス95,293円と、久々のプラスとなりました。

後段のとおり、プラスの要因は円安です。

現金・預金

現金・預金828,100円。先月比マイナス68,366円です。

クレジットカード払いの影響でマイナスとなりました。

米国株

 

  • 投資元本   2,952,000円
  • 評価額      3,288,853円
  • 評価損益   11.4%

株価は下がっているものの、円安の影響で評価損益は上昇しています。

なお、4月は配当金でVIGを1株購入しています。

確定拠出年金(iDeCo)

  評価額(円) 元本(円) リターン
DCニッセイ外国株式インデックス 575,332 499,100 +15.3%
EXE-i新興国株式ファンド 253,279 213,900 +18.4%
合 計  828,611 713,000 +16.2%

確定拠出年金は、2015年10月分から積み立てを開始しています。

配分比率はDCニッセイ外国株式インデックスが7割、EXE-i新興国株式ファンドが3割です。

先月比プラス49,749円です。

米国株同様、円安の影響を受けて収支が改善しています。

第1子・第2子ジュニアNISA

児童手当を学資資金としてジュニアNISAで運用しています。

今月は児童手当の入金はありませんので、元本に変化はありません。

第1子の状況は次のとおりです(★マークが現在積立中のファンド)。

 第1子ジュニアNISA 評価額(円) 元本(円) リターン
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)★ 80,771 80,000 1.0%
ニッセイ日経225インデックスファンド 60,370 43,300 +39.4%
ニッセイ外国株式インデックスファンド 512,262 389,700 +31.5%
合 計   653,403  513,000 +27.4%

前月比プラス27,922円。

続いて第2子です(★マークが現在積立中のファンド)。

 第2子ジュニアNISA 評価額(円) 元本(円) リターン
楽天・全世界株式インデックス・ファンド★ 119,735 120,000 0.0%
iFree NYダウ・インデックス 177,905 156,000 +14.0%
ニッセイ国内債券インデックスファンド 39,383 39,000 +1.0%
合 計   337,023  315,000 +7.0%

前月比プラス10,937円です。

こちらも、米国株・iDeCo同様、円安の影響で収支が改善しています。

まとめ

こうやって見ると、海外への投資は実感以上に、為替の影響が大きいことが分かります。

当たり前の話しですが、投資額が大きくなればなるほど、1円でも為替が動けば大きく資産が変動しますね。

Go for broke!

コメント