米国株哲学

米国株哲学

マーケットと人の時間軸は大きく違う

本格的に投資を始めて3年しか経っていないので偉そうなことも言えないのですが、ツイッターやニュースを見るたびにマーケットと人の時間軸は大きく違うなぁと感じます。
米国株哲学

投資とダイエットの共通点を考察するー大佐式ダイエットウンチク論も掲載ー

投資とダイエット。 実は以前からこの両者はよく似ているなと感じており、どこかのタイミングで記事化しようと思っていました。 が、平凡な私なんぞが考えつくことですから、他の方も既に似た内容のことは書いているわけです。「投資 ダイエット」...
米国株哲学

「売らない」という縛りプレイを実践している私が、今回の下落相場で感じたこと

米国株は、リーマンショック以来、久々の下落相場でしたね。 S&P500は2月1,2日の二日間で2,821.98ポイントから2,648.94ポイントまで下落しました。 下落率にして6%そこそこですので、暴落にはほど遠いちょっとした...
米国株哲学

米国株が高すぎるなら売却するなり空売りすればいいじゃない

久しぶりの更新です。 更新をしばらくサボっていたのは、天才作曲家が突然ネタ切れを起こしたような感じで、ブログネタが思いつかなくなったからです。
米国株哲学

バカが安く売った株を、頭の良い自分が安く買い、頭の良い自分が高くなったその株をバカに高く売りつける。

企業分析シリーズ:McDonald's 1. 2012年版 サービス付録「神とリンチさん」 2. McDonald's 2016年改訂版 おまけ「不動産とポテト その2 (REIT化主張を斬る)」 — ふ~部長 (...
米国株哲学

米国株投資を開始してちょうど2年。過去2年を振り返って投資の感想をまとめてみた。

米国株投資を開始したのが2年前のこの時期でした。
米国株哲学

暴落時の「今回は違う症候群」にも注意しよう

「今回は違う症候群」。英語で「This Time Is Different」と呼ばれる概念です。 読んで字のごとく、バブルを正当化する語句ですね。 最近であれば、ビットコインに代表される仮想通貨バブルがその最たる例でしょうか。 弾けて...
米国株哲学

SBI証券へ新規取り扱い銘柄を依頼する方法【外国株・海外ETF】

意気込んで外国株や海外ETFを買おうと思ったのに、証券会社で取り扱いがなくてがっかりしたことはありませんか?
米国株哲学

年率何%のリターンなんてどうでも良い。とにかく投資金額をデカくしたい。

結果は後でついてくる。
米国株哲学

ROKOHOUSE式 可変レバレッジド・ポートフォリオについて簡単に考察する

米国株ブログ界隈でちょっとした話題の「ROKOHOUSE式 可変レバレッジド・ポートフォリオ」。 S&P500に3倍のレバレッジを効かせるSPXLというETFを軸に、20年超の長期債に3倍のレバレッジを効かせたTMFをブレンド。そ...