スポンサーリンク

過去2年分のドル転記録を確認【為替のタイミングなんて分からないよ】

米国株投資を始めてちょうど2年になります。

そこで、今回は私の過去2年分のドル転記録を確認しておきます。

過去2年分のドル転結果

下の表が過去2年分のドル転記録です。

日付 ドル 円/ドル
2015.12.10 600,000 4,935.83 121.56
2016.06.24 300,000 2,896.59 103.57
2016.12.08 300,000 2,638.29 113.71
2017.01.10 300,000 2,591.56 115.76
2017.02.06 100,000 887.23 112.71
2017.03.21 5,000 44.31 112.84
2017.05.03 3,000 26.69 112.40
2017.06.01 300,000 2,702.94 110.99
2017.07.18 4,000 35.55 112.52
2017.08.31 10,000 90.39 110.63
2017.10.03 200,000 1,767.56 113.15
2017.12.07 230,000 2,044.98 112.47
2,352,000 20,661.92 113.83

平均で1ドル当たり113.83円でドル転していますね。

過去2年分のドル円チャート

下の図は過去2年分のドル円チャートです。赤い丸印は、私がドルを買ったタイミングを表しています。

2015年12月当時は120円/ドル程度でした。その後スルスルと円高になり、トランプ氏が大統領選挙に勝ったことにより、一時100円/ドルを割る水準まで円が買われました。

その後118円/ドルまで円売りが入り、2017年2月頃から112円/ドルの辺りを行ったり来たりという展開です。

短期的に為替相場がどうなるかは全く分からない

以前にも記事しましたが、私は短期的には為替相場がどうなるかは全く分からない、と思っています。

識者の予想も全くあてになりません。識者でも円高になると言う人もいれば、円安になるという人もいるでしょ?

レパトリ減税で円安になる!!なんて言われていますよね?

そんなこと分からないって。

ということで、私は米国株を買う必要がある度に、一切タイミングを見計らうことなくドル転しています。

その結果が上の表の赤い丸印なのです。

まぁ、為替レートは長期的にはインフレ率の差で決まるとは思っていますがね。

為替に一喜一憂しても意味がない

円高になれば資産が目減りしちゃう、なんていう向きもありますが、そんなことを気にしても仕方ありません。

ドルで持っている資産なんだから、素直にドルベースで考えればいいのです。

と、強気なことを言って20年後に超絶円高になっていないかと、少し不安に思う今日この頃です。

Go For Broke!

スポンサーリンク

フォローする