スポンサーリンク

間違いだらけの住宅選び(PART2)

床暖房は対処療法でしかない

日本では、なぜか「床暖房」が持て囃されます。床暖房こそがベストの採暖方法であって、それ以外は妥協の産物とすら見られます。

はっきりいいましょう。床暖房は邪道です。

私の住んでいる地域は、氷点下15℃にもなる寒冷地ですが、床暖房は少数派です。

床暖房は、いくら低温とは言っても長時間座っていれば低温やけどの可能性もありますし、何よりも足だけ熱くて不快です。床暖房を設置するのであれば、玄関のタタキなど人が常時いない場所に設置すべきです。

そもそも床暖房はなくとも、「高断熱」「高気密」「計画換気」「全館暖房」が実現されていれば、足元から天井まで、一定の温度を保つことが可能です。

上記4つの要素が満たされていない住宅に床暖房を設置しても、足元だけ暖かく肩周りがゾワゾワする寒さに見舞われます。

また、これら4つの要素があれば、吹き抜け天井にしても何の問題もありません。コールドラフトと呼ばれる冷たい空気が発生せず、20℃程度の温度で暖かく感じます。

ちなみに、冬期間リビングやお風呂場で温度差があったり、朝起きたときに寒さを我慢するなどの低レベルの住環境で生活しているのは、先進国の中でも日本だけです。

地球環境よりも、自分の生活環境を保護すべきです。

木造住宅における充填断熱と外張り断熱の無意味な論争

一昔前、木造住宅について外張り断熱工法が有利であると持て囃された時期がありました。一方で柱の間に断熱材を充填する、充填断熱工法を熱心に支持する工務店も存在しました。

どちらの意見が正しいのでしょうか?

結論は、必要とされる断熱性能と気密性能を確保できればどちらでもいいのです。

ただし・・・

外張り断熱を押してくる工務店には注意した方が良いです。そのような工務店は、充填断熱を施工する能力が低いからそのように言っている可能性が高いです。

下の写真は我が家のグラスウールを充填した様子です。

綺麗に隙間なく充填されています。また、コンセント周りも空気が柱に入らないように、気密処理されているのがわかります。

ときたま、グラスウールをバカにする工務店がおりますが、グラスウールほど安価で防火性能に優れた断熱材はなく、非常にコストパフォーマンスの良い製品なのです。

また、袋詰めのグラスウールを施工している業者もおりますが、100%の断熱性能を発揮するよう、確実に施工されているのか疑問を持ちます。

素人でも直感でわかることですが、そもそも柱に断熱材を充填しないで、外張り断熱を施工すること自体、もったいないです。常識的に考えれば、まず第一に充填断熱を施し、その上でさらに付加断熱として外張り断熱を採用するのがあるべき姿です。

なお、RC造と鉄骨造の住宅は、外断熱を最優先すべきです。

コンクリートは、熱を蓄積する性質があるため、内断熱にしてしまうと、夏は高温、冬は低温の熱放射を常時受けてしまいます。また、鉄骨は熱伝導が高く、特に冬は鉄骨がキンキンに冷えるため、断熱材を充填した場合、結露を起こす可能性が高まります。

しかし、悲しいかな外断熱工法は初期投資がかかるため、RC造と鉄骨造、いずれも充填(内)断熱を採用している例が多いです。

まとめ

今回は、暖房と断熱方法について論じました。次回は住宅の寿命を話題とし、最終話とします。

スポンサーリンク

フォローする