スポンサーリンク

【個人型確定拠出年金】楽天証券ラインナップが出揃いました!

先進国株式など、一部発表を見送っていた楽天証券の個人型DCのラインナップが出揃いました。さらに手数料無料条件の残高基準を10万円に変更しました!

下表のとおりまとめております。今回発表分はピンク色の網掛けにしています。

楽天証券個人型DCラインナップ一覧

分類 名称
[運用会社名]
インデックス 信託報酬

(税抜)

お勧め
国内株式
三井住友・DC日本株式インデックスファンドS

[三井住友トラスト・アセットマネジメント]

0.19%
たわらノーロード 日経225

[DIAMアセットマネジメント] ◆個人型DC初

0.20%
iTrust日本株式

[ピクテ投信投資顧問] ◆個人型DC初

0.89%  
MHAM日本成長株ファンド<DC年金>

[みずほ投信投資顧問]

1.55%  
フィデリティ・日本成長株・ファンド
[フィデリティ投信]
1.53%  
国内債券
たわらノーロード 国内債券 <今回追加発表>
[DIAMアセットマネジメント]
0.15%
明治安田DC日本債券オープン

[明治安田アセットマネジメント

0.60%  
国内REIT
三井住友・DC日本リートインデックスファンド

[三井住友トラスト・アセットマネジメント]

0.26%
野村J-REITファンド(確定拠出年金向け)

[野村アセットマネジメント]

0.95%  
海外株式
たわらノーロード 先進国株式 <今回追加発表>
[DIAMアセットマネジメント]
0.23%
インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式

[日興アセットマネジメント]

0.55%
ラッセル・インベストメント外国株式ファンド(DC向け)

[ラッセル・インベストメント]

1.35%  
iTrust世界株式

[ピクテ投信投資顧問] ◆個人型DC初

0.89%  
海外債券
たわらノーロード 先進国債券 <今回追加発表>
[DIAMアセットマネジメント]
0.20%
たわらノーロード 先進国債券(為替ヘッジあり) <今回追加発表>
[DIAMアセットマネジメント]
0.20%
インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券(1年決算型)

[日興アセットマネジメント]

0.52%
みずほUSハイイールドファンド<DC年金>

[みずほ投信投資顧問]

1.40%  
海外REIT 三井住友・DC外国リートインデックスファンド

[三井住友トラスト・アセットマネジメント]

0.28%
国内外株式 セゾン資産形成の達人ファンド

[セゾン投信] ◆個人型DC初

0.54%
コモディティ ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり)

[ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ] ◆個人型DC初

0.45%  
バランス型
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

[セゾン投信] ◆個人型DC初

0.47%
三井住友・DC世界バランスファンド(動的配分型)

[三井住友アセットマネジメント]

0.82%  
三菱UFJ DCバランス・イノベーション(KAKUSHIN)

[三菱UFJ国際投信]

0.60%  
投資のソムリエ<DC年金>

[DIAMアセットマネジメント]

1.10%  
ターゲットイヤー
楽天ターゲットイヤー2030
[楽天投信投資顧問]
0.85%  
楽天ターゲットイヤー2040
[楽天投信投資顧問]
0.86%  
楽天ターゲットイヤー2050

[楽天投信投資顧問

0.86%  
2016年9月20日時点  

お勧め商品

お勧め商品も表に追加しております。個人型DCは投資が長期間になりますので、基本的にコストの低いインデックスファンドをお勧めとしております。

個人型DCは楽天証券が一歩リード

個人型DCは、商品の質が良く、50万円以上の資産残高があれば手数料がゼロになるSBI証券をお勧めしていました。しかし、商品がSBI証券と同等以上によく、手数料が事実上ゼロとなる楽天証券が一歩リードすることになりそうです。
※楽天証券では、2017年末まで資産残高が10万円未満でも運営管理手数料をゼロにしております

まとめ

投資信託のコスト下げ合戦が限界まで近づきつつあるなか、主戦場は確定拠出年金に移ってきたようです。
確定拠出年金は、運営管理機関である証券会社などには、あまり収益をもたらすものではありません。それよりも、この確定拠出年金を投資への呼び水とすることが目的だと思います。
なんにせよ、健全なコスト競争は消費者へのメリットを増大させることになりますので、これからも楽天証券に続く金融機関が出てくることを心待ちにしております。

スポンサーリンク

フォローする