スポンサーリンク

SBI証券がiDeCoの新プラン「セレクトプラン」を設定しました 既存加入者は様子を見た方がいいよ!

確定拠出年金
スポンサーリンク

SBI証券が突然iDeCoの新プラン設定を発表しました。

iDeCo(個人型確定拠出年金) 新プラン設定のお知らせ(SBI証券)- PR情報|SBIホールディングス
株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取&#322...

2005年から提供している現行のプランをオリジナルプランとし、2018年11月に新たに設定するプランをセレクトプランとするそうです。

要はSBI証券のiDeCo部門をオリジナルプランとセレクトプランの2つに分けて、どちらかのプランを選んだ上で、そのプランの中から好きな金融商品を選ぶスタイルになります。

つまり、オリジナルプランから一つ、セレクトプランから一つ、と言った組み合わせは出来ないことになります。

2つのプランに分けた理由

なぜ、このようにプランを2つに分けるという複雑なことをしたのでしょうか?

それは確定拠出年金のルールに、運用商品を35本以下にしなければならない、という決まりがあるからです。

SBI証券はすでに現行のオリジナルプランの金融商品数が35本となっており、身動きが取れない状態となっていました。

そこで、今回の発表のとおり2つのプランに分けたものと推測します。

これがルール上良いのか悪いのか、私には判別は出来ませんが、まぁSBI証券もリーガルチェックをした上での発表なんでしょう、多分。

セレクトプランは非常に素晴らしいラインナップ

で、肝心のセレクトプランの内容ですね。

一言で言うと完璧です。全く文句の付けようもありません。

あ、アクティブについては評価していません。全く興味もありませんから。

「iDeCo(個人型確定拠出年金)新プラン設定のお知らせ」から引用

注目すべきはインデックスタイプに設定されたeMAXIS Slimシリーズです。

これだけで説明不要だと思います。

従来のオリジナルプランでは、例えば先進国インデックスの場合、ニッセイ-DCニッセイ外国株式インデックス一択でしたが、信託報酬率が0.20412%と、今となってはほんの少しだけ割高な印象が拭えませんでした。

それがセレクトプランでは、eMAXIS Slim先進国株式インデックスとニッセイ外国株式インデックスファンドが設定され、それぞれの信託報酬率が0.11772%となっています。

そして、新興国です。

こちらはかゆいところに手が届いたと言っていいですね。

従来のオリジナルプランでは、SBI-EXE-i新興国株式ファンド一択でしたが、ベンチマークがFTSE・エマージング・インデックスとなっておりややマニアックな印象でした。

それがeMAXIS Slim新興国株式インデックスが設定されたことにより、新興国の一般的なベンチマークであるMSCI エマージング・マーケット・インデックスにフィットすることになります。

新規加入者はセクレトプラン一択 既存加入者は様子を見て!!

以上のように、今後新規加入を考えている方はセレクトプラン一択です。

オリジナルプランを選択する理由は一つもありません。

また、私のような既存の加入者については2018年11月1日からプラン変更の資料請求の受付を開始するそうです。

ただし・・・

プラン変更にあたっては、現在加入または運用指図いただいているプランの資産を全売却し現金化した上で、資産の移換を行います。なお、資産の移換には2~3カ月程度を要する予定です。詳しくは、プラン変更時に当社からお送りする資料をご確認ください。

となっており、既存の加入者は運営管理機関を移管した時と同様、移管している2~3カ月程度がどのような扱いになるのか不明です。

と、思っていたらこんな情報を手に入れました。

ということで、色々と情報が錯綜しています。

今後、プラン変更についてのアナウンスをSBI証券がするかもしれません。既存の加入者はちょっと様子を見たほうが良いかもしれません。

なんなら、人柱が立つまで数ヶ月様子見でもいいでしょう。

それにしても、新プランが発表されたということは、特にEXEーiシリーズについては見殺しにされたに等しく、今後は資産の流出が広がりそうな気もします。

また、新プランであるセレクトプランは、すでに34本の商品をラインナップしています。今後さらに良質なファンドが出てきた場合どのような対応を取るのでしょうか?

色々と販売会社との大人の事情もありそうですが、もう少し本数を減らした上でスタートすればいいのに、と感じますね。

インターネット証券最大手のSBI証券は強い

楽天証券、マネックス証券に先手を打たれたSBI証券ですが、やはりインターネット証券最大手は強いな、という印象です。

私はiDeCoについては、SBI証券は何かやると思って静観の構えでしたが、まさかこんなうっちゃりをかますとは思っていませんでした。

繰り返しになりますが、既存加入者は焦らずじっくり考えてくださいね。

Go For Broke!

コメント

  1. 愛読者 より:

    >既存の加入者は運営管理機関を移管した時と同様、移管している2~3カ月程度が
    >どのような扱いになるのか不明です。

    >既存の加入者はちょっと様子を見たほうが良いかもしれません。
    >なんなら、人柱が立つまで数ヶ月様子見でもいいでしょう。

    もう「人柱」は立っていますよ(↓)。移管作業中に現金化。そのとき大暴落相場が
    発生すればラッキー!。逆に爆上げ相場が発生すると、

    https://twilog.org/aizu_samu/search?word=%E5%80%8B%E4%BA%BA%E5%9E%8B%E7%A2%BA%E5%AE%9A%E6%8B%A0%E5%87%BA%E5%B9%B4%E9%87%91%E3%81%8C%E7%8F%BE%E9%87%91%E5%8C%96&ao=a

    http://shintaro-money.com/poor-example/

    2016年秋、楽天証券がiDeCo新規参入!素晴らしいプランで他社から移管した
    個人投資家が結構いた?あのとき、まさかのトランプ当選⇒まさかの爆上げ相場が
    発生!現金化され、かつ買い注文も出せず宙ぶらりん…orz。そこで紹介している
    2つのサイトのうち、前のほう。賊軍(会津)さんは「東電株は国債や定期預金より
    配当がたくさん貰えてお得!」と・・・。あの水素爆発と共に爆死したのは言うまで
    もありません(滝汗)。面白そうな人柱、マークしていると自分の投資成果が上がる
    かもしれません。そういう人を

    曲がり屋

    というんでしょうな(笑)、ではでは!