スポンサーリンク

【朗報】SMT 米国株配当貴族インデックス・オープンが登場!

各方面で話題となっていますので、ご存知の方も多いかと思いますが、三井住友トラスト・アセットマネジメントより「SMT 米国株配当貴族インデックス・オープン」が登場します。
つい先日も当ブログでは米国配当貴族の話題を取り上げておりました。

2つの記事に記載していますが、米国配当貴族はパフォーマンス自体はいいのですが、管理手数料が0.85%と中途半端に高いことや、ETFではなくETNであることなどからオススメできる金融商品ではありませんでした。
ところが、そんな弱点を補うような形で米国配当貴族インデックスオープンが販売されます。

ファンドの概要

当該ファンドの概要は下記のとおりです。

  • 信託設定日 2016/08/30
  • ファンド名 SMT 米国株配当貴族インデックス・オープン
  • 販売会社 三井住友信託銀行
  • 信託報酬(税抜き) 0.55%
  • 方式 マザーファンド方式

詳しくはモーニングスター社のサイトをご覧ください。

ポイントは信託報酬料でしょうか。昨今の手数料値下げ合戦のなかにあっては、0.55%という数字はやや割高な感も否めません。それでも数年前のファンド手数料に比べれば充分に低コストとも言えますが。

パフォーマンス

過去10年の米国配当貴族のパフォーマンスを掲載しておきます。

10年年次リターンは、米国配当貴族10.76%、S&P500が7.61%と、米国配当貴族が大きくアウトパフォームしています。

まとめ

現時点では、販売会社が三井住友信託銀行のみとなっていますが、随時販売会社を拡大していくものと思います。
米国の連続増配株を主眼においている投資家であれば、これ一本で良いといえるぐらいの金融商品になるのではないでしょうか。また、私は別会社から類似の商品が出てくる可能性が高いと予想しています。そうなればお決まりの手数料値引き合戦が始まるものと思います。

スポンサーリンク

フォローする