スポンサーリンク

【PS4】超おすすめゲームソフト3本を紹介!!【お盆休みの暇潰しに最適】

そろそろ夏休みですね。既に長期休暇に入っている人もいると思います。

遊びに行っても人混みで疲れるし、飲みに行っても金はかかるし・・・

そんな時は、思い切って自宅でゲーム三昧というのも一つの手です。

ということで、今回は私がオススメするPS4のゲームソフト3本を紹介します。

一応予め断っておきますが、本稿は一切米国株投資とは関係ありません。

それでは行ってみましょう!!

ドラゴンクエストⅪ

はい。いきなりのドラクエです(笑)。

ドラクエⅨ、ドラクエⅩとやや方向性を見失ったため、ガッカリしたドラクエファンの方も多いと思います。

が、安心して下さい。

今回は、安全安心のドラクエです。

原点回帰です。とても面白いです。

いや、傑作と言っても過言ではありません。

私はまだ物語中盤までしかプレイしていませんが、そう断言できます。

秀逸なストーリー

ドラクエと言えば、秀逸なストーリーですよね。

今回はドラクエⅧ以来のRPGの王道を地で行く、鉄板のストーリーです。

小学生から大人までどっぷりと浸れるお決まりのストーリーです。

社会に揉まれて大人の汚い部分しか見ていない方や、毎日板に貼り付いて株価ばかり追いかけているそこの貴方!!

是非ドラクエをプレイし、汚い心を浄化しましょう。

やりこみ要素も満載

昨今のゲームらしく、やりこみ要素もしっかり用意されています。

武器や防具を作る鍛冶や、定番の小さなメダル集め、モンスターリストをコンプリート等々・・・

攻略サイトを見ないでやりこみ要素を全部制覇しようとすると、100時間はかかりそうな感じもします。

かなりのボリュームがあります。

魅力的なキャラ

今回は一人一人のキャラに個性があり、全てが魅力的です。秘密を抱えた仲間の本当の姿も中々みせず、最後まで飽きさせない作りになっています。

個人的には、マルティナ一押しですね。

強いし、色っぽいし最高です。

ウィッチャー3 ワイルドハント

続いてはウィッチャー3 ワイルドハントです。

アクションRPG史上の傑作です。

悩んだらこれをやれ、というぐらいの面白さです。

圧倒的なボリューム

とにかくボリュームが凄いです。

やりこみ要素をプレイしなくとも、DLCを含めると100時間程度はかかります。

やりこみ要素を全部制覇するなら、何百時間かかるか分かりません(汗)。

暇ならこれをプレイするに限ります。

選択次第で結末が変化する

主人公であるゲラルトは、イベント毎に過酷な選択肢を選ばなければなりません。

そして、その選択肢によって結末が複数用意されており、ハッピーエンドで終わることもあれば、バッドエンドで終わることもあります。

その分岐点も非常に複雑で、結末のパターンを全て見るのはほとんど不可能だと思います。

サブクエストが秀逸

ドラクエのサブクエストはただのお使いですよね?

ところが、このゲームはサブクエストが非常に作り込まれています。

主人公が良かれと思ってやったことが裏目に出て、悲惨な結末を迎えるサブクエストが満載です。

リアルの世界と同じように、この辺りもやたら理不尽です。

18歳未満禁止に相応しい内容

これは大人のゲームです(18歳以上のみプレイ可)。

つまり、なんでも出来ます。

飲む、打つ、買う、なんでもです(笑)。

ドラクエのようなキラキラしたゲームではなく、ドロドロのゲームです。

最高ですね。

今ならDLC全てを含んだゲームオブイヤーエディションがおすすめです。

ダークソウル3

最後は日本が誇るアクションRPGの金字塔、ダークソウル3です。

激ムズです。

鬼畜です。

だけど、なんとかクリア出来ます。

そのバランスが素晴らしいです。

攻略サイトを見ずにクリアしましょう。

何回も死にます

最初にお伝えしたとおり、難しいです。

特に序盤が厳しい。

最初のボス戦は4、5回ダメージを喰らっただけで死にます。

死にイベントとタカをくくったら、本当に「END」の文字が出て絶望します。

絶望しますが、そこを乗り越えて上手くなれば、死につつもなんとか最後までたどり着けます。

ストーリーが意味不明

このシリーズ、毎度のことながらストーリーが意味不明です。

「俺達は雰囲気で株をやっている」式に、雰囲気でストーリーを理解しましょう。

考えたらダメです。感じるのです。

ボリュームは相当

ウィッチャー3ほどではありませんが、かなりのボリュームがあります。

全部クリアするには、60時間程度はかかるでしょう。

しかも、マップが複雑に入り組んでおり、意外なところでマップが繋がっていたりと、頭の空間認識能力をフル活用する必要があります。

今なら中古で3,000円程度で買えますよ。

まとめ

今回は長く遊べる視点でRPG3作を選んでみました。

他にも紹介したいゲームはあるのですが、それはまた折を見て紹介したいと思います。

ん?米国株投資日記なのにそれでいいのか?って?

良いんです、私の日記なんだから。

Go for broke!

スポンサーリンク

フォローする