スポンサーリンク

ジュニアNISA、学資保険、預貯金。児童手当の運用先の悩みなんて些末な問題です

4ヶ月毎に振り込まれる児童手当。

今月も長女(6歳)分の40,000円、次女(1歳)分の60,000円、合計で100,000円が振り込まれていました。

もちろんこのお金は、私の児童手当の運用方針に基づいて、即日子どもの証券口座へ振り込んだ後、ジュニアNISA枠で投資信託を買い付けています。

ジュニアNISAの投資先を変更しました。変更は今回限りでございます。

皆さんの中には、これから子どもが生まれる、あるいは将来的に子どもは欲しいけれど、児童手当をどのように運用しようか悩んでいる人もいると思います。

今回は、その点について少しだけ斬新なお話しをします。

児童手当の運用方法の悩みは些細な要素

現在の児童手当の制度下では、中学校卒業まで、一人当たり総額196万円の児童手当を受け取ることが出来ます(第3子以降は総額252万円)。

かなりの大金ですね。

ここで、多くの人がこの児童手当をどのように運用すれば良いのか、悩んでいると思います。

悩んでいるとは言っても、多くの場合次の3つの選択肢で頭を抱えます。

  • ジュニアNISAで運用益を狙う
  • 学資保険で死亡保障(契約者)などの付加価値を付ける
  • 預貯金(定期預金)でとりあえず貯める

それぞれにメリット・デメリットがあり、これが正解ということはありません。

そんなことよりも、子どもたちがどのような進路を選ぶのか?そちらを考える方がずっとずっと大事なのです。

大学の学費は国公立と私立、文系理系で雲泥の差 一人暮らしと実家暮らしでも大きく違う

私は地方都市に住んでいますので、自分の子どもは中学校まで間違いなく公立、高校も恐らく公立だろうと勝手に予測しています。

東京は別にしても、地方に住んでいる人は似たような感じだと思います。

学費が大きく違ってくるのはやはり大学からではないでしょうか?

下の図は、大学の区分別の授業料・施設設備費納付額一覧です。


出典入学から卒業までにかかるお金(2)学費編|お金 | Benesse マナビジョン 保護者版

例えば、国立大理系に進学した場合、4年間の合計額は214万円。一方、私立大理系に進学すると496万円・・・

その差、282万円!!

学費だけでもこれだけ違う上に、実家と一人暮らしではさらに金額に開きが出てきます。

最近の調査では、仕送り額の平均は月7万円4年間で336万円も掛かります。

つまり、実家暮らしの国立大理系と一人暮らしの私立大理系では、学費と仕送り額で合計618万円もの差が出来るのです。

・・・

618万円!!!

ジュニアNISAで運用益を狙うとか、学資保険で手堅く、などという話題が如何に些末な話しのなのかが分かります。

こんな事で悩むぐらいなら、自分の子どもの進路をどのようにするのか悩んだ方が100倍有益です。

大学で何を学びたいのか、そもそも大学に行く必要があるのかを考えさせよう

インターネットで児童手当の話題を検索しても、運用方法をどうするのか?という話しばかりが出てきて、このような視点での記事は見かけませんでした。

そんなことよりも、子どもには、大学で何を学びたいのか?そもそも大学に行く必要があるのか?それを考えせて、自分の人生にプラスとなるような進路選択を導くことが大事だと思います。

極論を言えば、児童手当は最低限生活費にしていなければOKです。

Go For Broke!

スポンサーリンク

フォローする