スポンサーリンク

【ジュニアNISA】eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)と楽天VTへ運用先を変更

先日の記事で、ジュニアNISAが惨状を呈している様子を炙り出しましたが、そんなものはどこ吹く風。

私は、学資資金として児童手当をジュニアNISA枠で積み立て投資しています。

具体的には、

  • 第1子:ニッセイ外国株式インデックスファンド9割、ニッセイ日経225インデックスファンド1割
  • 第2子:iFree NYダウ・インデックス8割、ニッセイ国内債券インデックスファンド2割

をコツコツと積み立ていました。

が、今回の児童手当支給分から、

  • 第1子:eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
  • 第2子:楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)

での積み立て投資に変更します。

変更理由

変更の理由は、買い増し(ノーセル)によるリバランス計算が面倒くさいことと、良質なファンドが登場したことによるものです。

と、屁理屈をこねましたけど、早い話し流行り物に飛びついたということです。

方針をコロコロ変えて、アセットクラスをその時の気分で変更するのはご法度でしょうが、ジュニアNISAに関しては、基本方針の対象外ですので柔軟に対応して良しと解釈しています。

ただし、良質なファンドが登場した、というのは本音です。

これもつみたてNISAの影響なのでしょうが、ホントにここ最近良質なファンドが次々と登場しています。

ちなみに、現在保有している投資信託は今後もそのままにしておきます。

楽天・全世界株式インデックス・ファンドとは?

ここで、楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)について、簡単にご紹介しましょう(eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)については、過去記事を参照してください)。

これは、ある種画期的というか、いい意味でズルいファンドです。

楽天VTとは、一言で言うとバンガード®・トータル・ワールド・ストックETF【VT】に丸投げする投資信託です。

それだけ。超単純です。

なお、楽天VTが買える証券会社は、次の3社です。

  • 楽天証券
  • マネックス証券
  • SBI証券(2017年10月20日から)

楽天VTのメリット

それでは、楽天VTのメリットを見てましょう。

第一に低コストです。実質的な信託報酬率は年0.2396%(税込み)。他の低コストインデックスファンドと比べても遜色の無い出来です。

後ほど説明しますが、VTの経費率は0.11%。つまり、楽天VTは差引0.1296%しか経費を上乗せしていません。

第二にドル転する必要がないことです。VTを購入するためには、円をドル転する必要がありますし、当然為替手数料もかかります。もちろん、楽天VTも内部的にはドル転をしていますが、より大きな単位でドル転をしていますから、ずっと為替手数料は安いはずです。

第三に分配金の再投資をする必要がないことです。VTは、年4回分配金が出ますが、これを再投資するためには、手動でVTを購入しなくてはなりません。

第四に定期定額積み立て投資が出来ることです。楽ちんですよね。毎月決まった額を自動的に買い付けてくれます。ETFはこれが出来ないんです。

もちろん、VTを直接買ったほうが安いじゃん、という意見もあるでしょうが、これらのメリットと楽天VTの経費を天秤にかけると・・・というところです。
特に少額投資であれば、楽天VTに分があると考えて良いでしょう。

バンガード®・トータル・ワールド・ストックETF【VT】とは?

ここで改めて、投資対象ファンドであるバンガード®・トータル・ワールド・ストックETF【VT】についても簡単に説明します。

VTの特徴は次のとおりです。

  • 全世界の大型、中型、小型銘柄を網羅
  • 日本を含む先進国及び新興国約47ヶ国の約8,000銘柄で構成
  • 全世界の市場時価総額の98%をカバー
  • 経費率 0.11%

要は、世界中の株式を全て買うことができるETFです。

また、日本を含む、というところがポイントです。先進国株式の投資信託は日本を含まないことがほとんどですからね。

これと同じコンセプトで、楽天・全米株式インデックス・ファンドというファンドもあります。こちらは米国株のみを対象としたETFである、VTIに投資をするファンドです。

今後は積み立て投資先を変更しない

今後は、ジュニアNISAの積み立て投資先を変更することはしません。

しかし、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)及び楽天VTは、新規設定されて間もないです。

したがって、ベンチマークとの乖離実質コストがいくらになるのかは、今後も注視する必要があります。

いくらコンセプトが良くても、運用が稚拙では元も子もありません。

もし仮に、運用がイマイチであることが判明した場合、ベンチマークが近似しているファンドに乗り換える可能性はあります。

と、自分の言動に保険を掛けたところで、今日はお終いです。

Go For Broke!

スポンサーリンク

フォローする