スポンサーリンク

どうしてこうなった!?ジュニアNISAが惨状の様相を呈している件【一般NISAにも問題あり】

ジュニアNISAがイケてないというのは、何となく肌身で感じていましたが、せっかくの機会ですので、データを使って調べてみました。

ジュニアNISAと一般NISAの口座数、買い付け額

データは金融庁から引っ張ってきました。

下記の表は、いずれも平成29年6月末時点(平成29年10月6日公表)のデータを使用しています。

口座数

まずは口座数から。

  ジュニアNISA 一般NISA
口座数 22万6,626口座 1,090万2,286口座
人口 2,161万人 1億506万人
口座開設率 1.0% 10.4%

※人口は一般NISAが20歳以上、ジュニアNISAが0歳から19歳としています
※人口は総務省統計局人口推計表PDFの平成29年9月1日現在(概算値)を使用

一般NISAの口座開設率は成人の10.4%。専業主婦などを入れて、この数値です。

それに対して、ジュニアNISAの口座開設率は1.0%!!??

全然利用されていない(笑)。いや、笑い事じゃないよね。

本論からは脱線しますが、世代別で一般NISAの口座開設率を見てみましょう。

  口座開設率 一般NISA口座数 人口数
20代 3.8% 48万343口座 1,249万人
30代 7.4% 111万8,606口座 1,503万人
40代 8.8% 166万9,098口座 1,889万人
50代 11.7% 184万87口座 1,571万人
60代 15.1%

269万1,811口座

1,780万人
70代 14.7% 212万2,351口座 1,443万人
80代 11.3% 97万9,990口座 867万人

60代が15.1%に対して、20代が3.8%、30代が7.4%・・・

20代30代の若者よ、頑張ろうよ!!←精神論

そもそも、NISA制度が出来た理由は、将来への備えとなる資産づくりの促進が目的じゃないのかと。

買い付け額が低いのならまだしも、口座開設率が低いというのは、なんともお寒い現状です。

買い付け額

続いて、買い付け額です。こちらも口座数と同様、平成29年6月末時点(平成29年10月6日公表)のデータを使用しています。

  ジュニアNISA 一般NISA
買い付け額 480億2,483万円 11兆1,879億6,216万円
口座数 22万6,626口座 1,090万2,286口座
一口座当たり買い付け額 21万1,912円 102万6,203円

※ジュニアNISAの買い付け額は平成28年及び平成29年の買い付け枠の合計金額
※一般NISAの買い付け額は平成26~29年の買い付け枠の合計金額

買い付け額も、その差は歴然。NISA全体に占めるジュニアNISAの買い付け額は、わずか0.43%

まるでゴミのような存在です。

※印に記載しているとおり、買い付け額については、ジュニアNISAと一般NISAで年数が違いいますので、これだけでは一概には言えませんが、それにしても酷い。

ジュニアNISAが酷い理由

予想していたとは言え、流石にこれは酷い。

空気というよりも、事実上存在していないかのようなジュニアNISA。

では、なぜこのようなことになったのでしょうか?

単純に考えれば、子育て世代の一般家庭は、一般NISAの120万円の枠すら使い切れないのに、ジュニアNISAまで手が回らない、ということでしょう。

例えば、企業型確定拠出年金の無いサラリーマンであれば、iDeCoで年間27万6千円、一般NISAで120万円です。しかも夫婦でこれを利用していれば、この倍の枠があります。

で、子どもが二人いるとして、ジュニアNISAが160万円(80万円@2人)ですよね。

・・・無理です。

恐らく、ジュニアNISAの買い付け額の相当部分が、学資資金などの運用というよりも、合法的な相続に利用されているものと推測します。

NISA一本化&恒久非課税が必須

NISA制度が3つもあって、複雑なのはもちろんのこと、一般NISAとジュニアNISAの場合、5年非課税という足かせがあるために、短期売買の投機に利用される始末です。

神戸製鋼所。不正データ問題を受けて、株価は連日下がり続けています。アメリカ企業にも納入していた影響で、泣く子も黙る米司法省が登場するなど、事態収拾は不可能な領域に突入しています。さて、資産運用に特化した雑誌「ダイヤモンドザイ」では、定期的にNISA買い付けラ

国が当初目論んだ「将来への備えとなる資産づくりの促進」への軌道修正を図るためにも、以前記事にもしましたが、NISA制度は一本化と恒久非課税が必須でしょう。

金融庁のシンポジウムに参加する人は、この記事を担当者に見せておくんなまし!!

Go For Broke!

スポンサーリンク

フォローする