スポンサーリンク

子無し二馬力世帯へ告ぐ 子どものいないうちに貯めろ

子無し二馬力。

この甘美な響き。

夫婦フルタイム正社員なら、合算収入で1,000万円も全然夢ではありません。

というか、普通です。

地方在住の3流企業に勤める私達夫婦でも可能でした。

そんな人生イージーモードの最中は、とにかく「貯めろ」。言い訳はいいから「貯めろ」。

貯・め・ろ!!

子どもは時間とお金を奪っていく

子どもは可愛い。それに異論はありません。

だけどね、子どもは、とにかく時間とお金を奪っていきます。

子どもをそんな風に思うなんて酷い!!

・・・と思うのは勝手ですが、これが現実です。

夫婦共働きで残業なんて無理

子どもがいない時は、夫婦揃って残業が出来ます。生活残業だろうが、必要に迫れられる残業だろうがね。

だけど、子どもが出来ればそうはいきません。

夫婦(特に夫)どちらかが残業すればいいんじゃない?と思うそこの貴方!!

甘いです。

時たま残業するぐらいならいいでしょうが、夫が毎日のように残業すると、妻が潰れます。

女なんだから子育て出来て当然、と未だに思っている男性がいますが、それは間違い。

核家族化している現代において、周りのサポートも無い中で、毎日仕事でヘトヘトになって、一人で子育てをしたら発狂します。

妻が毎日残業して、泣きじゃくる子どもを横目に見つつ、あなたが夕飯を作って子どもを風呂に入れられますか?

私は無理です。

ということで、残業前提で仕事をしていると、結局は女性が仕事を辞めることになります。

実際その確率は結構高いですよ。私の友人でも奥さんが仕事を辞めた人が何人もいます。

産休・育休・保育料・習い事・ベビー用品

子どもが出来れば産休育休が当然待っています。もちろん育児休業手当はそれなりに出ますが、それなりでしかありません。

そして、無事に復職した暁には、夫婦共働きで高収入世帯ということで、毎月6,7万円の保育料を支払うことになります。

それも認可保育園に入れればのこと。無認可保育園ならさらに高額の保育料を支払う必要があります。

認可保育所に入れない時点で、復職を諦める可能性も大ですが・・・

また、子どもがある程度大きくなれば、習い事をさせるようになります。

「うちは、習い事に金はかけない!!」と思うのは、夫の勝手な思い込み。妻はそうは思っていません。

そして、ベビー用品。

これがバカにならない。オムツはもちろん、ベビーカー、洋服、チャイルドシート、その他諸々。しかも、子どもがある程度大きくなると、スライドドアの車が欲しくなります。

とにかく、ひたすらお金が飛んでいきます。

子どもが欲しい世帯は貯蓄に励み残業を止めよう

夫婦共働きでも、子どもが出来ると思い通りに貯蓄が出来ません。

ましてや、夫婦共働きを断念となると、貯蓄が出来るどころか、収支トントンにするのが精一杯。

したがって、夫婦二馬力で、今後子どもが欲しい世帯は、とにかく貯蓄して下さい。

今の生活をイメージしてはダメです。

生活の状況が180度回転します。

また、子どもが出来ても夫婦共働きを継続したいと思うのなら、夫婦とも、今すぐ残業を止めて下さい。

繰り返し述べますが、残業しながら子育てをしようなどと思わないで下さい。

それが出来る世帯ももちろん存在しますが、それは特別努力する才能がある人だからです。

残業がやめられないのなら、妻(夫)が家庭に入ることを前提に、今後の生活をイメージしましょう。

ちょっと脅し過ぎたけど経験者はかく語る

ちょっと脅し過ぎました。

が、やはり今述べたことは頭の片隅に入れておいて下さい。

看護師や美容師など、手に職を持っているのならば、一時的に仕事から離れても、ある程度子どもが大きくなってから復職しても、給料を元の水準に戻すのは容易です。

しかし、いわゆる事務職だったり、大手企業の総合職という手に職がつかないところで働いている方は、一度会社を辞めて、数年後に別の会社に就職すると給料が激減します。

子どもがそろそろ欲しいな、と思っている世帯の人は、以上のことを想定して、今のうちに貯蓄しましょう。

Go For Broke!

スポンサーリンク

フォローする