スポンサーリンク

NISA120万円、iDeCo27万6千円、ジュニアNISA30万円 フルインベストやんけ!!

別に他人と競うことに、何の意味も無いことは自覚しているんですが、投資ブログを徘徊していると、自分の投資額の少なさにションボリします。

でも、冷静に考えると、給料のクソダサいサラリーマンにしては、私ってめちゃくちゃフルインベストな状況なんです。

一年の投資額177万6千円

そうなんですよ、下の3つのアセットロケーション(←合ってる??)を合計すると、一年の投資額が177万6千円にもなるのです。

NISA 米国株120万円

いつの間にかNISA枠の投資額って120万円になっていましたね。

2016年は、NISAを利用して米国株を120万円買い付けています。

2017年も順調に消化していますので、120万円を使い切れるでしょう。

インベストしていますね。

iDeCo(確定拠出年金) 27万6千円

クソダサい中小企業に勤めるクソダサいサラリーマンなので、企業型確定拠出年金があるわけもなく、上限額は27万6千円(23,000円/月)。

もちろん上限いっぱい拠出し、拠出内容は全額株式(先進国7割、新興国3割)です。

インベストしてますね。

ジュニアNISA 30万円

児童手当分30万円(長女1万円/月、次女1万5千円/月)をジュニアNISAで運用しています。

こちらもほんの少しだけ日本債券で運用していますが、ほとんどは株式で運用しています。

インベストしていますね。

手取り収入の40%をリスク資産にぶっ込んでいる

2016年の手取り収入が約450万円(夫婦共働きですが、2016年中妻は育休)でしたから、手取り収入の40%もリスク資産にぶっ込んでいることになります。

ちなみに、2016年は無リスク資産(現預金)は8万円増えただけでした。

フルインベストやんけ!!

積立NISAの上限額が40万円と少ないですが、庶民にとっては、この上限額を拠出するだけでも精一杯でしょう。

まとめ

投資ブログを読んでいると、世間との認識がズレてしまい勝ちです。

大体ね、20代30代で一年に何百万も株式やら債券に突っ込める人って、何の仕事しているんでしょうか?

暗殺稼業ぐらいしか思いつきませんよ。

Go For Broke!

スポンサーリンク

フォローする