スポンサーリンク

嫉妬から徐々に解放されつつある【年を取るのも悪いことじゃない】

嫉妬ほど醜い感情はありません。嫉妬を自覚すると自己嫌悪に陥ります。皆さんもそうでしょう?

でも、最近はその嫉妬という感情から徐々に解放されつつあります。

若い頃は嫉妬の塊だった

自分の幼少期から青春期までの記憶を思い出しても、あまりいい思い出がありません。小学生の頃は多少いじめられていたのもあるのですが、それよりも何よりも嫉妬ばかりしていたと思うのです。

幼少期から小学生の頃は異性に関する嫉妬

幼少期から小学生の頃は異性に関する嫉妬が多かったですね。

それは必ずしも女の子そのものだけではなく、女の子に関連するあらゆる事柄です。

例えば、好きな女の子がいても、その女の子の前でどのように振る舞えばいいのか分からず自己嫌悪に陥り、そんな自己嫌悪から好きな女の子に対する屈折した憎悪の感情が湧いたりと。

自己嫌悪→憎悪→自己嫌悪という無限ループです。

小学生や中学生の男子って、女の子に意地悪をすることがありますが、あれってこんな感情の発露だと思います。

そして、その頃は運動の出来る男子がモテることもあり、運動音痴の自分はそんな男子にも嫉妬していました。

今で言うところの、リア充爆発しろ!!ですね。

青春期は勉強に関する嫉妬

中学生から大学生の頃は、勉強に関する嫉妬が多かったです。自分が勉強しても絶対に追いつけないライバル(相手はライバルとも思っていない)。

なぜ勉強しても、クラスで一番になれないのか?なぜ地域トップの進学校に行けないのか?なぜあいつは遊んでいるのに、部活でもレギュラーなのに、学年トップクラスの成績を残せるのか?自分は部活でもレギュラーになれず、遊びもせず勉強しても中途半端な成績しか残せません。

大学に入っても、いつも一緒にパチンコ屋に行っているのに、なぜあいつは単位が取れるのか?なぜあいつは水理学が理解出来るのか?

ここでも、羨望の混ざった屈折した嫉妬が湧いてきます。

もちろん努力が足りないと言えばそこまでですが、努力でカバー出来ない要素もあります。残酷ですが知的要素の多くは遺伝が大半を占めます。

知的に凡人で、努力する才能も凡人なら、やはり凡人並の成績しか残せません。

若手社員の時は収入に関する嫉妬

大学を卒業して会社員として働くようになると、収入に関する嫉妬をしてしまいます。

同期会で話しをしても、周りの同期に比べて収入が低いことに唖然とします。今となっては職種による違いもあるし、安定性とか業務の苛烈さとか、総合的に判断するものですが、その当時はその事に気付きません。

そして、勝手に同期に嫉妬して憎悪します。同期は何も悪くないのに。

その事に自分でも気づいているのに、その屈折した嫉妬を止めることが出来ません。

35歳を過ぎた頃からはあまり嫉妬してない

と、若い頃は嫉妬ばかりしていましたね。書いてて憂鬱になりました。

しかし、35歳を超えた頃から何かに嫉妬することも減りました。

日々の生活に追われてそう感じる余裕が無いのもあるでしょうが、年をとって鈍感になったのでしょう。また、ある程度人生経験を積んで先を読める力がついたのかもしれません。今が良くても、後でコケる人を何人も見てきましたし。

以前年を取るのが怖いという記事を書きましたが、こと嫉妬に関しては年を取って良かったと感じています。

収入に関しても、同期が働き過ぎで体調を崩して退職に追い込まれているの知り、そんなもんだよね、としか思いません。

もちろん、異性に関しても結婚していますし今更恋愛もヘッタクレもありません。大体どんな美人でもやることは同じだし、好きな女性にも欠点があります。若い頃は、自分にとって好きな女の子は完璧な存在なんですが、欠点がある事に気付くと大した感情も湧きません。

資産運用に関しても、他人の資産額が大きくてもほとんど何も感じません。資産額が大きくても、人生においてやれることってあまり変わり無いんですよね。パフォーマンスに関しても同じ。今が良くても、後にコケるだろうし。

今嫉妬していることは

そんな感じで今では嫉妬もほとんどありませんが、今嫉妬していることは何かと問われれば、人生に何がしかの意義を見出している人ですね。

言い換えると、陳腐な言い方ですが輝いている人でしょうか。

何か目標を持って取り組んでいたり、仕事を通して感謝されたり…

孫正義氏なんてまさにそうですよね。一度で良いからあそこまで突き抜けてみたいものです。あの情熱が欲しいです。羨ましい。

長々と書きましたが、嫉妬という感情は醜いですが、この感情が無ければ努力することもありませんよね。

人間にとって嫉妬という感情はとても大切なものです。嫉妬があるからこそ人類の文明はここまで発展したようにも思います。

大袈裟かな(笑)

いずれにせよ、嫉妬する気持ちを持っている人はそれだけ自分が若い気持ちを持っているという証拠でもあると思いますよ。

Go For Broke!

スポンサーリンク

フォローする