スポンサーリンク

奨学金破産 私は子どもに奨学金を利用させない【返済不可も自己責任??】

雑感
スポンサーリンク

最近奨学金破産が話題となっています。

“奨学金破産”の連鎖で一家破産!? - ウェブ特集 - NHK クローズアップ現代+
奨学金を借りている大学生は今や2人に1人。しかし、奨学金を借りても返せない人が増加、自己破産にまで追い込まれるケースが累計1万件以上にのぼっている。

借りたもんは返せ、というのは誠に正しいロジックです。

しかし、わずか18歳そこそこで数百万円もの借金を背負うのは、あまりにも酷な話しです。

18歳で400万円もの借金を背負う上司の子ども

私の会社でも、自分の子どもに奨学金を背負わせて大学に通わせている上司がいます。

その子どもは、4年制私立大学の看護学科に入学しています。

4年間の授業料だけでざっと、400万円。

この400万円という大金を18歳の少年は背負っているのです。

確かに、自分の意志で学業を修めたいのですから、親にお金が無いのなら、本人が奨学金を借りてでも学業に励むべきでしょう。

ところが、事はそう単純ではないと思うのです。

私生活がやや派手な上司

上司は愛人を作って貢ぐほど派手ではないものの、自分の子どもが義務教育を受けている間、他者から見ればやや派手な生活を送っていました。

2、3年に一度は新車を乗り換える。バイクを頻繁に買い換える。お酒も好きで、頻繁に飲みに行く。

給料がどの程度かを知っている私にしてみれば、「違和感」を抱くようなお金を使い方をしていました。

したがって、子どもが大学入学の頃までに、まとまったお金を貯蓄出来なかったのです。

無論、子どものために全てを我慢しろ、とは言いません。

しかし、何回か車の買い替えを我慢したり、もう少し自制したお金の使い方をすれば、18年という長期の間に、400万円ぐらい工面出来たと思うのです。

何となく大学へ進学というは非常に危険

上司の子どもは、手に職のつく看護学科ですから、まともに卒業出来れば、奨学金を返済することは充分可能でしょう。

ところが、多くの大学生はメシの食える学科ではなく、文系へ進学します。就職に強いのであればそれでもいいでしょうが、地方の私立大学は通う価値が無いのが実情です。

最悪なのは、大した目的意識もなく何となく大学へ進学し、親もとりあえず大学へ行っておけばいい、というような他力本願甚だしいケースです。

これからゆっくり下り坂を転がる日本において、これでは当然奨学金の返済も滞るでしょうし、リンク先の記事のとおり奨学金破産一直線です。

こんなことであれば、無理をして大学へ行くよりも高校卒業後素直に就職した方がよっぽどマシです。

日本は、欧米とは違って学閥社会ではあれど学歴社会ではありません。高卒でも努力すればそこそこの地位まで出世出来る国です。

私の親は学費を全額出してくれた 私もそれを見習う

私の親も色々と言いたいことはあるけれど、大学の学費と仕送りをしてくれたことには大変感謝しています。

大学時代は、これを当然と思っていましたが、自分が親になるとその有り難みが良く分かります。

私も、自分の子どもには学費の面で一切苦労をかけさせたくありません。私立大学の学費ぐらいは全額出してやるつもりです(私立の医学部は無理)。

児童手当10万円が振り込まれて、ふとそんなことを思いました。

Go For Broke!

みんなも児童手当で飲み食いせずに、その分はしっかり貯蓄すれよ!!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑感
colonel_pyonをフォローする
億り人を目指すサラリーマン日記 -Investment Strategy:US Stock×iDeCo-

コメント

  1. ゆるり より:

    大学時代の友人がバイトの代わりに奨学金を借りて全額を投資に回し、卒業時には1本近くの資産を作っていたのを思い出しました。グレーゾーンな使い方ですが、世の中マネーリテラシーがあると得することって非常に多いですよね。。