スポンサーリンク

【米国株投資成績】2017年03月末 マイポートフォリオ VS S&P500(+10.81%)

先にお話ししますが、本日の記事はバフェット太郎氏の【トータルリターン:15ヶ月目】S&P500ETF(IVV)VSバフェット太郎10種と非常に似通っています。

・・・が、決してパクったわけではなく、先週からちょこちょこ記事を書いていたので、たまたま似ているだけのことでございます(バフェット太郎さんには連絡済み)。

バフェット太郎氏と自分の米国株投資開始の時期が一緒だったので、こんなことになるんですね。

それでは本題

米国株投資を始めたのが2015年12月。あれから1年3ヶ月が経過しました。

2017Q1も過ぎたので、ここら辺りで米国株投資成績を振り返ってみます。

前回の米国株投資成績は、2016年12月末でチェックしています。

S&P500リターン

投資成績を振り返る前に、米国株市場の確認を・・・

下の図は、2015年12月末から2017年3月末までの、IVV(S&P500と連動したETF)のトータルリターンです。
分配金は全て再投資したものとして計算しています。

トータルリターンは+18.68%。年率換算では+14.68%となっています。

図を一瞥すると、トランプ当選後のご祝儀相場がリターンに寄与しているのが分かります。

トランプ当選とその後の上げ相場を予想出来た投資家など、皆無ではないでしょうか?投資における予想など、競馬の予想屋を信じるに等しい行為だと思います。

マイポートフォリオ VS S&P500

それでは本題の2017年03月末時点、マイポートフォリオ VS S&P500です。

上図のとおり、2017年3月末時点のトータルリターンは

  • マイポートフォリオ +10.81%
  • IVV +18.68%
  • 差引 ▲7.87%

と、大幅にアンダーパフォームしています。

マイポートフォリオの配当金に課税されていたり、期中での追加投資も影響していますが、アンダーパフォームの一番の理由はエクソンモービルです。

マイポートフォリオに占めるエクソンモービルの割合が15%もあるため、このような結果となっています。

まとめ

やっぱりアレですよ。トータルリターンを追求するなら、何も考えずにS&P500のETFを買っておけば良いんです。

それでも私は人生にスパイスが欲しいから、個別株投資を行っているのです。

スポンサーリンク

フォローする