スポンサーリンク

今夏ボーナスで買いたい8銘柄をピックアップ-過去10年分の配当利回り推移も-

皆さん、おはこんばんこんにちわ。25歳まで蛇腹ホースの蛇腹をjavaraという英語だと勘違いしていたぴょんきち大佐です。

ちなみに、発音はジャヴァラーですね。

・・・

さて、今日は気が早いですが、夏のボーナスで買いたい8銘柄をピックアップしました。

8銘柄一覧表

一覧表は次のとおりです。なお、上から購入したい順番となっています。
スマホユーザーの方は画面を横にすると見やすいです。

会社名 Ticker セクター 配当
利回り
現在の
PER
最大
PER
最小
PER
McCormick & Co. MKC Consumer Staples 1.88 27.04 30.6 16.9
Procter & Gamble Co. PG Consumer Staples 3.05 26.16 25.7 16.3
3M Co MMM Materials 2.47 23.33 30.5 15.2
Pfizer Inc. PFE Health Care 3.76 29.16 32.5 14.8
Canadian National Railway Company CNI Industrials 1.65 21.11 22.4 10.9
Philip Morris International Inc. PM Consumer Staples 3.63 25.61 22.4 10.9
Archer Daniels Midland ADM Consumer Staples 2.86 20.62 23.0 7.40
Wells Fargo & Co WFC Financials 2.88 13.19 13.7 10.2

【米国株】2017年に買いたい7銘柄をピックアップ-過去10年分のPER推移表も-から購入済みのシスコ・システムズ【CSCO】とマクドナルド【MCD】の2銘柄を外し、スリーエム【MMM】、フィリップモリス【PM】、ウェルズ・ファーゴ【WFC】の3銘柄を追加しています。

特にMKC、PG、MMMの3銘柄は自分のポートフォリオの主軸に据える予定。

10年間の配当利回り

最近は、どの銘柄にも割高感を感じてしまい、購入を躊躇してしまいます。

と言いつつも、NISA枠があるうちは、枠いっぱいに購入していく所存。

そんなわけで、8銘柄の過去10年分の配当利回り推移を確認しておきましょう。

マコーミック【MKC】

MKCは流石に割高感を否めません。配当利回りが1%台・・・。でも欲しい・・・

P&G【PG】

つい先日3%の増配を発表したP&G。成長の限界を感じつつも、ロジスティクスの改善に取り組むなど、経営の効率化に注力しています。

まぁ、この銘柄はいつ買ってもいいでしょう。

スリーエム【MMM】

付箋紙と両面テープの需要がある限り、存在し続けるMMM(←真面目にアニュアルレポートを読んでいない)。現在の利回りで購入しても後悔はないでしょう。

ファイザー【PFE】

リーマンショック時以外は特に変化はありません。配当利回りも3.76%と高水準です。

カナディアンナショナル鉄道【CNI】

配当利回りは低いものの、増配率は目を見張るものがあります。ただし、カナダの現地配当課税が15%であることがネックです。

フィリップモリス【PM】

アイコス(加熱式)タバコが絶好調のPM。ここ最近は、株価が急上昇し配当利回りが3%台まで下落しています。過去のようなリターンは得られないだろうと思いつつも、その安定性には手を出したくなります。

アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド【ADM】

穀物を扱う、いぶし銀のようなADM。ひそかに配当貴族だったりします。ここ数年、売上高もあまり宜しくなく、ウダウダの展開が続いています。

人が人である限り、このような会社は無くならないでしょう。

ウェルズ・ファーゴ【WFC】

しくじり先生のWFC。最近は何をやっても味噌をつける状態。トランプ減税もどこへやら。株価の下落を待ちつつ、華麗にゴロをさばきたいところ。

まとめ

トランプの勢いも無くなりつつある昨今。セルインメイも近づいています。

軟調相場を期待し、その時をじっと待つ日々であります。

スポンサーリンク

フォローする