スポンサーリンク

【BLK】ブラックロックを4株購入-ETFを買うならブラックロックを買えばいいじゃない-

不況期には猛烈に売り浴びせられるので、金融セクターは食指があまり動かないのですが、ポートフォリオを構築するうえでは、やはり金融セクターは外せません。

ブラックロック【BLK】を4株購入

ということで、世界最大の資産運用会社であるブラックロック【BLK】を523.86ドル/株で4株購入(手数料抜き)。

配当金は10.00ドル/株なので、購入時配当利回りは1.91%。一年間の受取配当額は10.00ドル/株×4株=40.00ドル(税引前)となります。

これにより、2018年のNISA枠は残り94万円。

また、米国株保有銘柄のページを更新しております。

購入理由

最初に申し上げたとおり、金融セクターは必要かなと。

で、ウェルズ・ファーゴ【WFC】、ブラックロック【BLK】、バンガード米国金融セクターETF【VFH】辺りで悩んだのですが、ゴールドラッシュはスコップを売って儲けるべし的に、ブラックロックにしました。

最近でいえば、「仮想通貨はアフィカスで儲けろ」ですかね。

知らんけど。

主要指標&チャート

主要指標は次のとおりです。

  • 株価 525.57ドル
  • PER 24.61
  • EPS 21.36
  • ベータ値 1.81
  • 配当利回り 1.90
  • 5年増配率  11.50%
  • 10年増配率  17.60%

過去5年分のチャートはこちら。

リーマンショック時には96ドル台まで売られましたからね。それを考えると、いくらブラックロックとはいえ、やはり値動きは荒いなという印象です。

また、最近までPERも20を切っていたはずなんですが、あれよあれよと言う間に24.40まで上昇しています。

暴落を待っていては、いつまで経っても買えません。

配当と自社株買いのバランスが良い

ブラックロックも、ついつい配当に目が行きがちですが、米国株にあってはやはり自社株も考慮したいところです。

このブラックロック、配当と自社株買いのバランスがなかなか良いんですよね。


出典morningstar

5年平均で配当利回りが2.36%、自社株買い(Buyback)の想定利回りが2.48%と、丁度半々ぐらいの株主還元政策となっています。

営業利益率40%の超高収益体質

そして何より、ブラックロックは営業利益率が半端ないです。10年前の営業利益率は27%でしたが、ここ数年は安定的に40%を超えています。

営業利益率40%なんて、ビザとマスターカード同様のほとんどボッタクリ商売です。そりゃそうですよね、ほとんど設備投資をする必要もありませんから。

100億ドルも1,000億ドルの資産運用額も、それに掛かる経費はほとんど同じはずです。

また、売上高も順調に推移しており、近年の経費率競争もどこ吹く風と言った様子です。

皆さんがETFを買う度に私に配当金が入ります

皆さんがIVV、HDVを買う度に私に配当金が入ってきます。

皆さん、本当にありがとうございます。

これからも私のために一生懸命ETFをご購入下さい。

Go For Broke!

スポンサーリンク

フォローする