スポンサーリンク

【MA】マスタカード 2017Q2決算 投資家の期待度が高すぎる

マスタカード【MA】が2017年第2四半期の決算を発表しました。

2017Q2決算

決算概要

売上高及びEPSは予想をクリアし、まずまずな決算内容でした。

  • 売上高30.5億$(市場予測29.7億$) 前年同期比+13.4%
  • EPS1.10$(市場予測1.04$)前年同期比+14.6%
  • 純利益11.8億$ 前年同期比+19.7%
  • 営業マージン54.1% 前年同期51.2%

また、当該期間中に

  • 自社株買い9.3億$(800万株)
  • 配当支払い2.36億$

合計11.66億$分の株主還元を実施しております。

純利益のほとんど全部を株主に還元しています。

総決済額及びカード発行枚数ともに増加

GDVは世界全体で6%増の1兆2,820億$(1兆ドルとかもう良く分からない)。

表のとおり、総決済額及び伸び率共に、米国よりもその他各国の方が高いです。

クレジット決済とデビット決済がほぼ同額なんですね。

GDV:マスタカードブランドを利用したクレジット決済とデビット決済の総決済額

カード発行枚数は5.8%増の23.8億枚。

出典http://s2.q4cdn.com/242125233/files/doc_presentations/2017/2Q17-MA-Earnings-Presentation.pdf

株価は前日比▲1.57%

決算数値は良かったものの、株価は前日比▲1.57の128.93まで下落しております。

下は直近1年のチャートです。

株価が下落したにも関わらず、PERは33.72。配当利回りは0.68%となっています。

決算発表までのワクテカな株価急上昇が何とも哀愁を漂わせています。

・・・

高過ぎたんだ、腐ってやがる。

私が2015年12月に購入した時は、1株98.17ドル。その時のPERが28程度だったと記憶しています。

まとめ

そこそこ歴史ある会社でありながら、未だに成長し続けるマスタカード。

イナゴ投資家の心が折れるのは、いつになるのでしょうか?

Go for broke!

スポンサーリンク

フォローする