スポンサーリンク

【MCD】マクドナルドは毎日1.43店も増加している

米国をはじめ、先進国ではヘルシー志向の高まりにより、ジャンクフードへの嫌悪感が広がっているような報道を見かけます。

どの国にも「意識高い系」の人は一定数いるもので、そのような報道もあながち間違ってはいないと思います。しかし、昨年東京に出張した折、マクドナルドで美味しそうにハンバーガーを頬張っている、多数の欧米系旅行客を見るにつけ、やはり一度覚えたジャンクフードの味など、そう簡単に忘れられるわけはない、と感じております。
日本人がヨーロッパへ旅行に行っても味噌汁を飲みたいように、彼らも100%ビーフの肉汁を堪能したいのでしょう。
かく言う私も、月に一度はダブルチーズバーガーを食べなければ死んでしまいます。
シェイクシャック?あんなものに大金をはたくまでもなく、男は黙ってマクドナルドであるべきなのです。

マクドナルドの店舗数推移

ここからが本番。下表はマクドナルドの2005年から2015年までの店舗数推移です(全世界)。

過去11年間でマクドナルドの店舗数が5,729軒も増加しています。1年間で523軒。一日当たり1.43軒にもなります。
リーマンショックもどこ吹く風。不況なんて関係ありません。

世界人口予測

ついでに、世界人口予測も俯瞰してみましょう。

日本で暮らしていると、ドンドン衰退している現実を目の当たりにしますが、一歩世界に目を向ければ、新興国をはじめ、発展途上国も人口が増え続けます。

まとめ

人は一度肉の味を覚えたら、忘れることはできない、と言われます。今はまだ肉の味を知らない人も、少しずつ豊かになれば、必ずやマクドナルドに行き着くことと思います。
そして、一度肉の味を覚えてしまった我々は、これからもマクドナルドの下僕となって、ハンバーガーを食べ続けるのです。

スポンサーリンク

フォローする