スポンサーリンク

【MKC】マコーミックを26株購入-世界最大手の調味料メーカー&連続増配31年-華麗に高値掴み!

オイラ天才だと思うんですよ。

このブログって米国株投資がメインでしょ?それなのに、年に数回しか買い付けしていないわけですよ。ま、へぼサラリーマンなんで、それぐらいが限度なんですけどね。

それにも関わらず、平日はほとんどブログを更新しているわけです。

自分で言うのもなんですが、よくもまぁネタも尽きずに記事を書いてますわ。

で、今日はその久々の米国株を買い付けちゃたよ、という内容です。

MKCを26株購入

世界最大手の調味料メーカーにして、連続増配31年でもあるマコーミックを104.12ドル/株で26株購入(手数料抜き)。

配当金は1.88ドル/株なので、購入時配当利回りは1.81。一年間の受取配当額は1.88ドル/株×26株=48.88ドル(税引前)となります。

これにより、2017年のNISA枠は残り45万円。

また、米国株保有銘柄のページを更新しております。

囁き声が・・・

2017年5月29日(月)11:00~2017年6月5日(月)12:00約定分まで、住信SBIネット銀行では為替手数料がゼロ円なのです。で、ドル円も111円を切っていたので、先日ドル転しておいたのです。

そうしたら、ねぇ。

ほら。

囁き声が聞こえるわけですよ。

ええ、アレです。

そう、マコーミックが俺にもっと輝けと囁いている

まるでガイアが囁いているように・・・

というわけで、買った次第。

購入理由

冗談はさておき、マコーミックについては、自分のポートフォリオの主力に据えたいと常々考えていました。

マコーミックは下の図のとおり、売上高の60%が消費者向け40%が企業向けとなっています。また、消費者及び企業に関わらず、アメリカ大陸を中心にヨーロッパから中東、アフリカ、アジア太平洋地域まで、幅広く世界中で営業を展開しています。

出典McCormick annual reports

食品と聞くと、消費者を連想してしまいがちですが、マコーミックは主力商品が調味料なので、ペプシコなど有名どころの企業にも商品を販売しています。また、アメリカでは炭酸飲料離れ、なんて言われたり、マクドナルドはダサいよ、と言われていますが、調味料にはダサいも流行りもありません。

この辺りに強力なワイドモートを感じております。

ついでにアニュアルレポートには、これから毎年5%ずつ売上高を伸ばします的なことが書かれていますが、それはご愛嬌。

経営陣の皆様、頑張って利益を拡大して下さい。

主要指標

主要指標は次のとおりです。

  • 株価 105.47ドル
  • PER 28.49
  • EPS 3.70
  • ベータ値 0.49
  • 配当利回り 1.78%
  • 5年増配率  8.9%

自分が買い付けた後、さらに株価が上昇しPERは28.49ですからね~。セクターが生活必需品であることを考えると、買われすぎですね。現代版のニフティフィフティでしょうか?

配当利回りも2.0%を切っています。60歳になる23年後までは意地でも売るつもりはありませんから、株価が下がれば追加投資。会社が倒産すれば一蓮托生です。

その他、細かい数字は過去に分析しています。

最近発売された米国企業四季報を読んでいたら、【MKC】マコーミックが目に留まりました。 【MKC】マコーミック 日本人には、あまり馴染み...

まとめ

マコーミックなんて、どこにも売ってないじゃん!と思う方は、近所のカルディやジュピターに行って下さい。マコーミックのドレッシングが所狭しと陳列されていますよ。

それにしても、いつ買い場が来るんでしょうか?下落を待っていたらおじいちゃんになっちゃいそうです。

スポンサーリンク

フォローする