スポンサーリンク

【PGは不変】ジレットとかいう神の髭剃り

数ヶ月前、シックからジレットへT字カミソリを買い換えました。

感想

すっごく剃れます。単4電池で振動させているせいか、シェービング後肌荒れしません。シックを使っているときは、カミソリ負けして肌がボロボロになっていましたが、今はツルツルです。
そして、カッコいい
これ重要。時計と同じなんですよ、毎日使うものですから。
考え抜かれたボディフォルム・・・・・・!鮮やかなオレンジ色を身にまとったフレックスボール・・・・・!
完璧・・・・・!まさに王者・・・・・!

収益構造

で、収益構造です。
ジレットの本体自体(プログライドフレックスボールパワーホルダー)は、1,300円前後と高くはありません。が、替刃が高いです。1個400円します。替刃の寿命が1ヶ月ですので、1年に5,000円近くかかります。
つまり、消費者から毎年安定的に収益を得る非常に美味しい構造となっています。
でもやめられません。あの切れ味を知ってしまったからには、安いカミソリなんぞ使えません。

指標

このジレット、もとは独立企業でしたが2005年にP&G【PG】に買収されています。
下はPGの主要指標。

  • 配当利回り 3.12%
  • EPS 2.99
  • PER 28.68
  • ベータ値 0.46
  • 配当性向 83.65%

オールドエコノミー株が買われている昨今、PGも例に漏れず割高です。PERはここ10年前後でもっとも高いです。配当性向も83.65%と結構やばいです。
ただし、ベータ値が低くチャートも安定的です。配当利回りも3%をキープしています。

まとめ

携帯電話事業がその典型ですが、消費者から定期的に収益を得るビジネスモデルは強いと改めて実感。自分が年寄りになっても髭は剃るわけで・・・

スポンサーリンク

フォローする