スポンサーリンク

【VIG】バンガード米国増配株式ETFを1株購入-クソダサい投資家は成行注文出来ません-

しばらくブログの更新をサボりました。

ええ、暑いからですよ。

外は暑いし、クーラーも無いから室内気温も30℃まで上がる始末。

3連休も筆は進まず、セイコーマートの夕張メロンアイスが胃の中に溶けていくだけでした。

閑話休題。

VIGを1株購入

ちょこちょこ配当金が入ってきていたので、恒例行事を実施しました。

VIGを93.37ドル/株で1株購入。

また、米国株保有銘柄のページを更新しております。

住信SBIネット銀行なら為替コストが4銭

配当金が入ってきたと言っても、それだけではVIGは買えず4,000円ほどドル転しました。

ちなみに、住信SBIネット銀行では現在外貨預金セールを行っており、下表のとおり為替コストが引き下げられております。

外貨普通預金・外貨定期預金 対象期間中 通常時
米ドル 買付時・売却時 4銭(片道) 15銭(片道)
豪ドル 買付時・売却時 15銭(片道) 30銭(片道)
NZドル 買付時・売却時

外貨積立 対象期間中 通常時
米ドル 買付時・売却時 4銭(片道) 5銭(片道)
豪ドル 買付時・売却時
NZドル 買付時・売却時 15銭(片道) 30銭(片道)

対象期間

2017年7月10日(月)11:00~2017年8月10日(木)18:00約定分まで

SBI証券の米国株式で「成行注文」が可能に!!

やってくれましたね!!

そうです、SBI証券の米国株式もついに「成行注文」が可能になりましたよ。

具体的には、2017/07/17(月)の22:00(日本時間)から成行注文のサービスを開始しています。

これまでは指値注文しか出来ず、約定に時間がかかってしまい寝不足になることもありましたが、これで安心して寝れるというもんです。

華麗に成行注文をしてみたところ

ということで、早速華麗に「成行注文」のボタンをポチッと押してみました。

・・・

・・・

ん?

資金余力が足りませんというメッセージが・・・

おいおい。

おいおいおい。

おいおいおいおいおい。

どうやら、成行注文をするにもある程度の資金余力が無いとダメなようです。

成行注文に必要な資金余力の計算式

資金余力の条件は複雑になっておりますが、今回の取引を例に必要な資金余力を計算してみましょう。

  • NISA預かりの注文
  • 寄付前の注文
  • 外貨決済

の場合、計算式は次のとおりです。

{前営業日の終値(米ドル)×上乗せレート(%)×株数+手数料(米ドル)}×注文時為替レート×105%

これをVIGに当てはめると・・・

{93.49ドル×110%×1株+0円(手数料)}×114.53円×105%=12,367円必要になります。

詳細については、SBI証券のホームページをご覧下さい。

オンライントレードならSBI証券(旧SBIイー・トレード証券)。株式・投資信託・債券などをお取り扱い。業界屈指の格安手数料と豊富な情報、充実のサービスで投資ライフをしっかりサポート!

クソダサい投資家は指値注文するしかない

つまり、貧乏サラリーマンのクソダサい投資家では、華麗に成行注文は出来ないのです。

ええ、クソダサい投資家は寝不足覚悟で、これからも指値注文をしなければならないのです。

・・・悲しい。悲しいなぁ。

まとめ

貧乏人は何事にも王侯待遇を求めてはいけないのです。

Go for broke!

スポンサーリンク

フォローする