スポンサーリンク

貴様らは「五省」を知っているか?【投資にも人生にも役立つ】

皆さんは五省をご存知でしょうか?

五省と書いて「ごせい」と読みます。

これは、1932年に海軍兵学校長の松下元(はじめ)少将が考案したもので、当時の士官候補生への日々の修養として教え込まれたものです。

戦後、アメリカの海軍関係者がこの五省に感銘を受け、アメリカの海軍兵学校である「アナポリス」でも英文で掲示されるようになりました。

この考えは投資にも人生にも役立つと思いますので、簡単に紹介します。

五省

一 至誠に悖(もと)るなかりしか
〔誠実さや真心、人の道に背くところはなかったか〕

二 言行に恥づるなかりしか
〔発言や行動に、過ちや反省するところはなかったか〕

三 気力に欠くるなかりしか
〔物事を成し遂げようとする精神力は、十分であったか〕

四 努力に憾(うら)みなかりしか
〔目的を達成するために、惜しみなく努力したか〕

五 不精に亘(わた)るなかりしか
〔怠けたり、面倒くさがったりしたことはなかったか〕

出典海上自衛隊幹部候補生学校

身につまされるというか、日々のダラけきった怠惰な生活を修正しようという気になります。←修正するとは言っていない

実に簡潔明瞭、素晴らしい哲学です。

五省を投資に当てはめてみた

投資ブログなので、無謀にもこの五省を投資に当てはめてみました。

一 至誠に悖(もと)るなかりしか
〔誠実さや真心、人の道に背くところはなかったか〕

インサイダー取引、投資に係る収益の無申告など法令違反はしない。また、リスクの高い投資法であることを理解しているにも関わらず、それを自分の利益のためだけに他人へ紹介しない(ワイン投資)。

二 言行に恥づるなかりしか
〔発言や行動に、過ちや反省するところはなかったか〕

他人の投資法を貶すような発言はしない。また、感情的になり、投資原則から逸脱するような愚かな取引は行わない(なぜ私はマスターカードを買ったのか)。

三 気力に欠くるなかりしか
〔物事を成し遂げようとする精神力は、十分であったか〕

早寝早起きは三文の得。健康こそが精神力を鍛える。汝、酒に溺れることなかれ(溺死寸前)。

四 努力に憾(うら)みなかりしか
〔目的を達成するために、惜しみなく努力したか〕

投資目標を達成するために、日々読書に励み教養を深めるべし。日々倹約に努め投資元本を膨らませるべし(ドラクエ11を買えば読書する時間がなくなる。だけど欲しい)。

五 不精に亘(わた)るなかりしか
〔怠けたり、面倒くさがったりしたことはなかったか〕

(‘A`)ヴァー(‘A`)ヴァー(‘A`)ヴァー(‘A`)ヴァー(‘A`)ヴァー(‘A`)ヴァー(‘A`)ヴァー(‘A`)ヴァー(‘A`)ヴァー(‘A`)ヴァー(‘A`)ヴァー(‘A`)ヴァー(‘A`)ヴァー(‘A`)ヴァー(‘A`)ヴァー(‘A`)ヴァー(‘A`)ヴァー(‘A`)ヴァー(‘A`)ヴァー

↑そういうことだ。仕事もプライベートも怠惰なく過ごさないと、良い投資には結びつかない。

まとめ

こうやって考えると、いかに自分がダメ人間であるかが分かります。

この五省、皆さんも心に刻み付けましょう。

スポンサーリンク

フォローする