スポンサーリンク

2017年私の冬ボーナス白書

ボーナス。

それは資本家がサラリーマンを社畜として飼いならすための秘策。

なんてことはないのだ、ボーナスも所詮給料の後払いなのである。

それを今回のボーナスは多いだの少ないだのと、一喜一憂する愚かな社畜ども。

笑止。

2017年 私の冬ボーナス支給額

いや~、ボーナス貰いましたわ!!

やっぱり、この時期はワクテカでボーナスを待ち望みますよね!!

ということで、早速私のボーナス支給額を晒してみましょう(額面ですよ)。

はい!!

75万8,201円

ど~ん!!

おお、結構貰っている気がする。

北海道のクソダサい中小企業の割には結構貰っているゾ。

しかも、12月分の給料でもう一回3~4万円程度の差額ボーナスが支給されるからね。

でも、比較対象がないと何ともね(´・ω・`)

ということで、続いてボーナス支給額の各統計データを見てましょう。

東証一部上場企業冬ボーナス平均支給額 

東証一部上場企業の冬ボーナス平均支給額は、平均71万2,898円です。

おお!!

まさかの勝利!!

ついでに、業種毎の平均支給額を見てましょう。


出典:(一財)労務行政研修所ー東証第1部上場企業の2017年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査

私の年齢は38歳ですから、上記表の平均年齢とほぼ同じです。

すげぇ、平均年齢と同じなのに勝ってる。

表を見ると、製造業の74万1,591円に対して非製造業が61万6,444円と、製造業の方がボーナス額は良いんですね。

札幌市と北海道庁 冬ボーナス平均支給額

東証一部なんて、エスタブリッシュメントでエグゼクティブなサラリーマンと比較しても意味がありません。

ということで、地元北海道企業の冬ボーナスの平均支給額を調査したのですが、資料が見つからなかったので、札幌市役所と北海道庁の冬ボーナス平均支給額を調べてみました。

  • 札幌市役所 74万4,000円(一般職係長以下)
  • 北海道庁  70万7,000円(一般職行政職員 平均年齢36.6歳)

札幌市の平均年齢は分かりませんが、北海道庁とそれほど変わらないはず。

札幌市と北海道庁にも勝ったゾ!!

それにしても公務員強し。

俺って結構ボーナス貰ってね?

東証一部上場企業と札幌市、北海道庁のボーナスを調べて感じるのは、俺って結構ボーナス貰ってね?ってことですね。

安月給なのは自覚していますが、ここまでボーナスが貰えると辞める気などサラサラ起きませんわ。

のんべんだらり会社に依存してやろうと、誓いを立てる大佐なのであった。

Go For Broke!

スポンサーリンク

フォローする