スポンサーリンク

有給休暇を取得出来ない「隠れた理由」

いつも拝読している、はちどうきゅうどう氏の「アメリカ株でアーリーリタイアを目指す」に興味深い記事が載っていました。

有給取得率ランキング2016では、日本が最下位。こんな状況だからこそ、有給取得をどんどん消化促進したい。みんなが休めない時だからこそ、休んでいる人の価値が上がる。ギャップをつくのがいい。調査概要■サンプル数: 計9,424名/28ヶ国■調査

相変わらず日本人の有給休暇取得率は低いようで、2016年には調査した28ヶ国中最下位という結果に。

実は、私は以前から、日本人が有給休暇を取得出来ない、隠れた(本当の)理由があるのではないかと思っています。

有給休暇を取得出来ない「表向き」の理由

答えの前に、ちょっとだけお付き合いを。

下の表はインターネットを使って実施した、有給休暇取得に関するアンケート調査の結果です。

出典元有給休暇を取得しづらい理由は「職場の空気」が1位に|BIGLOBE

出典元には、年代別・性別・役職別で詳しくデータが載っていますが、答えは似たり寄ったり。他の調査でも、有給休暇を取得出来ない理由は、大体こんな感じになります。

休める空気がない、自分が休むと同僚が多く働く等々、確かにそうでしょう。

しかし、匿名のアンケートであっても人間は嘘をつくことがあるので、この調査結果を鵜呑みには出来ないんです。

有給休暇を取得出来ない「隠れた」理由

有給休暇を取得出来ない隠れた理由はズバリ、「生活残業をしているから」です。

これね、実体験を通して確信しています。

日本のサラリーマンって、かなりの割合で生活残業しています。

頑張れば定時で帰れるけれど残業している人、集中して2時間残業すればいいものを、ダラダラと4時間残る人。

実は私も20代の頃は給料が低すぎて生活残業していました。

ところが、生活残業をしていると、有給休暇を取得出来ないんです。

そうですよね?毎日会社に居残っているのに、有給休暇なんか取得出来ませんよね?

そんなことをした日には、上司に「お前舐めてんの?」と言われるのがオチです。

アンケート調査結果の「職場に休める空気がないから」の中には、こんな状況が埋もれているのではないかと思うのです。

私の会社には、今も生活残業をしている人がいます。その人はほとんど有給休暇を取得していません。

合理的に有給休暇を取得していない人もいる

別に生活残業が悪いと言っている訳じゃないんです。

経営層になれるサラリーマンはほんの僅か。そして、日本の経営層も大した報酬を貰っているわけじゃない。しかも、一般職は基本給だけなら薄給。

つまり、サラリーマンが有給休暇を取得しないのは、合理的な行動を取っているに過ぎないことも多いのです。

私だって今でこそ夫婦共働きで、家事があるから定時上がりですが、妻が専業主婦になれば生活残業しますよ。だって、家計が苦しいもん。子どもを大学に入れることすら困難だもん。

生活残業、多いにやっていいのではないですか。

それを是正するのは管理職や経営層であって、労働者ではありません。

まとめ

もちろん、有給休暇を取得出来ない理由の多くは、アンケート調査の結果に示すとおりだと思います。

しかし、生活残業がその一助となっているのは確かだと思います。

政府が必死になって有給休暇取得率を向上させよう!!なんて言っていますが、欲しがりません勝つまでは、と同レベルの下らない精神論です。

本気でそれを向上させるならば、整理解雇の要件について法整備を行ったり、職能給から職務給への転換など、抜本的な雇用改革を実施する必要があります。

また、1940年体制からの一刻も早い脱却も必要です。

・・・今日は真面目な記事になってしまいました。

Go for broke!

スポンサーリンク

フォローする