スポンサーリンク

クソダサい中小企業で評価を上げる方法

クソダサい中小企業勤めの大佐です。

今日はタイトルどおり、クソダサい中小企業に勤める人が社内で評価を上げる方法を紹介します。

繰り返すけど大企業じゃないよ

これからお話しすることは、クソダサい中小企業勤めの人のことですからね。

米国株ブログとかツイッタランドには大企業に勤めるエグゼクティブでパーティーピーポーなサラリーマンがゴロゴロしているけど、そんな人を対象にしていません。

繰り返すけど、チンパンジーに多少毛の生えた程度のスキルしか持っていない社員ばかりで、社内のお偉いさんも「昨日パチンコで何万買ったべや!!」とか、そんなハイソサエティな会話が飛び交う素敵な職場に勤める人に向けた記事ですからね。

勘違いなさらないように。

とにかく提出期限を守れ!!

結論を先に言えば、

とにかく提出期限を守れ!!

これに尽きます。

大企業のサラリーマンなら当然守っていると思うのですが、クソダサい中小企業のサラリーマンはこれが守れない。

ウダウダ考えて提出期限が守れません。というか、すぐ甘えるんですよね。

課長に「お、◯◯君。今日までに作っておくよう依頼した企画書見せてもらえる?」って言われて慌てるんです。「やっべ~、まだ作ってない」的なね。

課長も課長で「お、そうか。そうしたら来週の月曜日に見せてくれ」なんて言うんですよ。

そうすると、脳みそが甘えの構造になっているので「すいません、月曜日に提出します。テヘヘペロ」とか言っちゃうわけです。

課長も普段と変わらず、何食わぬ顔しているでしょ?

でも違うんですよ。

心の中では「テメェー今日までと言っただろ!!大体かなり余裕持って期限設定しているんだから、期限の何日か前に持ってこいや、ゴルアァァァ!!!」

って思っています。

はい。

私もそう思っています。

この時点でダメダメ。

このシマのボスは俺だ

内容なんか期待していないんです。

腐った脳みそのポンコツ社員にそんなものは求めていなんです。

求めているものは「このシマのボスは俺だ」という猿山のボスザルの権力なんです。

俺が命令した期限よりも前に企画書を持ってきて、コイツは俺の言うことを聞く子分だと思いたいんです。

だから、期限よりも何日か前に資料を提出するんです。

その思いを汲んでやるんです。

ほんの少し努力するだけでいい

たったこれだけ?と思うかもしれません。

でも、これが出来ない人が凄く多い。

クソ真面目に良い物作ってやろうとか、期日が迫れば迫るほど手が動かなくなる人とか、脳みそがカスタードクリームで出来ている人とか。

だからこそ、人よりもほんの少し努力するんです。

そうすれば、課長も「おっ、コイツは使える」と思ってくれるんですよ。

え?大企業勤めだけどウチもあんまり変わらないって?

そりゃあ、図体だけデカくて中身はクソダサい中小企業なんですわ。

Go For Broke!

スポンサーリンク

フォローする