スポンサーリンク

2018年の目標設定。そして2017年の目標が達成出来たのか確認します。

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、今年一発目の記事は、2018年の目標設定と2017年の目標が達成出来たのかを確認します。

まずは2017年の目標が達成出来たのか確認しましょう。

新年あけましておめでとうございます。 拙いブログですが、今年もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 さて、2017年も新たに1年間...

2017年の目標は達成できたのか?

2017年の目標は次のとおりでした。

  1. NISA枠上限の120万円分の米国株投資
  2. 確定拠出年金(iDeCo)上限額の27万6,000円分を積立拠出
  3. 確定拠出年金(iDeCo)のリバランスを12月に実施(設定値±5%以上乖離した場合)
  4. 第1子及び第2子の児童手当を全額ジュニアNISAへ積立投資
  5. 交際費を年額48万円以内とする
  6. 流動資産を400万円へ増やす

一つずつ確認します。

1.NISA枠上限の120万円分の米国株投資

これは達成出来ました。ほぼ120万円上限を使いましたね。

2.確定拠出年金(iDeCo)上限額の27万6,000円分を積立拠出

これも達成です。ま、定額拠出だから当たり前かw

3.確定拠出年金(iDeCo)のリバランスを12月に実施(設定値±5%以上乖離した場合)

これも難易度は低いですが、忘れないためにも目標に設定しました。

運がよく先進国株式7割と新興国株式3割の比率は、ほぼ動きませんでした。世界全体が連動しているのか、あまり分散の効果はないのかもしれません。

4.第1子及び第2子の児童手当を全額ジュニアNISAへ積立投資

こちらも達成です。

5.交際費を年額48万円以内とする

一番の難関だと思われた交際費もクリアですw。家計簿診断 2017年12月分 貯蓄率70.4%【ボーナスいっぱいもらったお( ^ω^)】のとおり、残額35,284円で達成です。

6.流動資産を400万円へ増やす

こちらも達成です。家計貸借対照表(バランスシート)を公開【2017年12月31日現在】 住宅ローンを抱えている人は是非とも作ってみようのとおり、流動資産は442万円にまで増加しました。

ということで、6個すべての目標を達成出来ました!!

いや~、ゆるゆるの目標でしたが、達成出来ると素直に嬉しいですね。

2018年の目標

それでは2017年の目標を踏まえた上で、2018年の目標を設定します。

今年の目標は次のとおりです。

  1. 現行NISA枠上限の120万円分の米国株投資
  2. 交際費を年額48万円以内とする
  3. 流動資産を550万円へ増やす
  4. スーツを仕立てる

確定拠出年金とジュニアNISAは目標としては緩すぎるのでパス。

今年も現行NISAで投資することとし、120万円分を投資します。また、交際費は2017年同様48万円としました。

そして、流動資産については現在の442万円から550万円へと控えめにしました。今年は庭の整備にお金を使う予定なので、それほど流動資産は増えないだろうと踏んでいます。

最後に、スーツを仕立てるという目標を設定しましたw。如何せんスーツが10年前に仕立てた一張羅なので、流石にそれはまずいだろうということで、敢えて設定しています。

最近は種セン確保に躍起になっており、スーツを仕立てる金すらケチりたくなっています。サラリーマンたるもの、それはまずいだろうということです。

まとめ

2018年。今年も2017年同様に生ぬるい相場が続くのでしょうか?それとも阿鼻叫喚の地獄絵図が待っているのでしょうか?

いずれにしても、私は気絶したように淡々と投資をしていきます。

改めまして、皆さん今年もよろしくお願いします。

Go For Broke!

スポンサーリンク

フォローする