スポンサーリンク

2017年06月時点 Yield on Cost(=予想受取配当金総額 ÷ 投資元本)をチェック

配当金をどれだけ雪だるま式に増やせるか。これが私の投資に対する最大の着眼点です。

これをチェックするのに最も適している指標と言えば、Yield on Cost=予想受取配当金総額÷投資元本ですね。

ということで、2017年3月からYield on Cost(YoC)を定点観測することにしています。

Yield on Cost

それでは2017Q2も過ぎたので、早速YoCをチェックしましょう(スマホの方は画面を横にすると見やすいです)。

Ticker 企業名 Yield
On Cost
年間予想受取配当金総額 取得価格
MA マスターカード 0.89% $22.9 $2,579
XOM エクソン・モービル 3.90% $89.3 $2,288
PEP ペプシコ 3.11% $90.2 $2,903
JNJ ジョンソン&ジョンソン 3.04% $77.3 $2,542
CSCO シスコ・システムズ 3.82% $99.8 $2,614
MCD マクドナルド 3.01% $26.3 $873
MKC マコーミック 1.80% $48.9 $2,720
VIG バンガード
米国増配株式
2.20% $9.6 $434
合計(取得価格=ニューマネー+配当金) 2.74% $464.2 $16,954
        投資元本
合計(投資元本=ニューマネー) 2.78% $464.2 $16,723 

※年間予想受取配当金総額は全て税引き前
※VIGの年間予想受取配当総額は直近4回分を入力

投資元本(ニューマネー)に対するYield on Costは2.78%

年間464ドルほど配当金を得られる計算です(税引前)。

YoC推移表

YoC推移表を作成しました。

MKCを購入したり、XOM・PEP・JNJがそれぞれ増配したことなどにより、前回時より60ドルほど年間予想受取配当金総額が増えています。

しかし、低利回りのMKCが影響して、YoC自体は前回時より▲0.09%となっています。

まとめ

MKCのような低利回りの銘柄を購入すれば、YoCは低下します。また、ポートフォリオも構築途中ですので、思うようにはYoCは向上しませんね。

それでも、持ち株がじわりと増配してくれています。

放物線を描くにはまだまだ時間がかかりますが、粘り強く投資をしていく所存です。

Go for broke!

スポンサーリンク

フォローする