スポンサーリンク

2017年12月時点 Yield on Cost(=予想受取配当金総額 ÷ 投資元本)をチェック~ギャルを抱きまくりたいなら仮想通貨買え~

Yield on Cost
スポンサーリンク

こちらも振り返るのを忘れていました。

四半期毎にチェックしているYield on Cost(=予想受取配当金総額÷投資元本)

2017Q4も終わったので定点観測をしておきましょう。

2017Q4 個別銘柄毎のYield on Cost

早速個別銘柄毎のYoCをチェック(スマホの方は画面を横にすると見やすいです)。

Ticker 企業名 Yield
On Cost
年間予想受取配当金総額 取得価格
CSCO シスコ・システムズ 3.82% $99.8 $2,614
JNJ ジョンソン&ジョンソン 3.04% $77.3 $2,542
MA マスターカード 1.01% $26.0 $2,579
MCD マクドナルド 3.24% $28.3 $873
MKC マコーミック 1.99% $54.1 $2,720
PEP ペプシコ 3.11% $90.2 $2,903
PG P&G 2.98% $55.2 $1,851
UL ユニリーバ 2.98% $57.1 $1,918
XOM エクソン・モービル 3.90% $89.3 $2,288
VIG バンガード
米国増配株式
2.12% $15.4 $723
合計(取得価格=ニューマネー+配当金 2.82% $592.6 $21,012
        投資元本
合計(投資元本=ニューマネー) 2.87% $592.6 $20,662 

投資元本(ニューマネー)に対するYield on Costは2.87%

年間592ドルほど配当金を得られる計算です(税引前)。
※VIGの年間予想受取配当総額は直近4回分を入力

YoC推移表

YoC推移表はこちらです。

2017Q3以降、高配当株のP&G【PG】とユニリーバ【UL】を新規追加したので、前回時より年間予想受取配当金総額は122ドル増加しています。

また、YoC自体は前回時より0.08%増加しています。

ゆっくり金持ちになりたい人がいないのも理解出来る

ほんと、YoCなんて遅々として伸びません。私の投資法ではバフェット太郎氏の言うところの「速攻でお金持ち」にはなれませんね。

若くして大金稼いでギャルを抱きまくりたい人は、仮想通貨か夢が広がりまくりんぐなIPO投資でもしましょう。

あ、いくらお金があってもコミュ力と最低限のルックスを備えていないと、ギャルは抱けませんよ。

頼んだよ。

Go for broke!

コメント